画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術時は説明会へ参加しました

裸眼視力の状態では日常生活に支障を来す程だった為、レーシック手術に興味がありました。

レーシック手術は目というとても大切な器官を施術するため、
信頼の出来る医療機関を探す必要があると考えていました。

さまざまな方から話を聞き、信頼の出来そうな医療機関でレーシック手術の説明会が行われることが分かった為、説明会へ参加することにしました。

説明会では医師及び担当者がフレンドリーな雰囲気の中で説明を行っていました。
診察前に医師を実際に目にすることによって、医師や医療施設に関する印象を持つことが出来たため手術を決めました。


手術前には何度か検査を行います。
検査では特に問題が無かった為、手術を行うことになりました。
目を手術することにはかなりの不安がありましたが、医師や医療機関を信じることにしました。

手術自体は日帰りで終わりました。

手術後はゴーグルを装着しました。
痛み止めを処方されましたが痛みはあまりありませんでした
(痛みの感じ方には個人差があるとのことです)。

手術後は裸眼でもハッキリ見えることに驚きました。
定期的な検診でも特に問題はなく今まで生活を送っています。
手術後は視力を落とすことが無い様、目に気を遣うことが増えたように感じています。
特に疲れ目やドライアイなど、目に負担を感じることがあれば意識的に目を休ませることを行うようになりました。
目を大切にすることの必要さを手術によって実感しました。

自動車免許の「眼鏡等」の記入欄が無くなったということも魅力的です。
今後も目を大切にする人生を心がけていきたいと感じています。


レーシック手術は裸眼視力では人生に支障を来す方に検討して頂きたい施術です。
レーシック手術によって視力がアップする可能性があります。
信頼の出来る医療機関を見つけることが大切です。

手術前後の検査、定期的な検診、料金、バックアップ体制などを比較検討した上で、じっくりと考慮することが望ましいでしょう。

レーシック手術を行うことによって、一般的には裸眼視力で日常生活を送ることが可能になります。
目に関する意識が高まる点も特徴的です。
再び視力を落とすことの無い様、目に配慮することが出来る様になります。

レーシック手術は基本的に入院が不要となります。
契約している保険内容によっては給付金を受け取ることが可能となる場合があります。
契約している保険の内容については契約している保険会社へ問い合わせてみることをオススメします。
給付金の申請には所定の書類を必要とする場合がある、申請期間が定められている等、詳細は各保険会社によって異なります。

手術によって視力を上げることによって人生観や価値観が変わる可能性があります。

手術前に分からない点や不安に感じている点、疑問点などがあれば、医療機関に質問を行い解消しておくことが望ましいでしょう。
さまざまな点を総合的に判断し、考慮した上で手術を受けることがポイントとなります。
万が一、手術後に違和感がある場合には速やかに医療機関で診察を受けることが望ましいでしょう。
手術を受けることによって、視力矯正器具が不要となる為、トータルで考えた場合に経済的にもメリットがあると考えられます。

コンテンツ

おすすめ