画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術を受ける際、医療費控除を使わない手はありません。

レーシック手術は多くの近視の方にとって大変ありがたい治療です。
毎年かなりの数の方がこの手術を受ける事によってそれまでのメガネやコンタクトレンズを使った生活から開放され、快適な生活を送ることが出来るようになっています。
わたしも数年前にこの手術を受け、それ以来やはり裸眼視力がいいことは素晴らしいものだ、と実感しています。
そんなレーシック手術を受ける際のネックになっているものと言うと、医療費がかなりかかってしまうことではないでしょうか。
実際、わたしも手術を受ける際に両目で約20万円かかりました。
その治療費がネックで手術を諦めてる方も少なくないと思います。
保険外治療のこの手術、しかし、医療費控除が使える事をみなさんご存知でしょうか。
一年間に支払った医療費が10万円を超えた場合、その超えた分が後で返ってくるこの制度、確定申告で提出するものは治療を受けた際の領収書となりますので、しっかりと保管をしておくことが大事だと言えます。
確定申告する際にはその年の1月から12月まで支払った医療費全てに対して合わせて10万円を超えた分、となりますので、レーシック手術以外の普段のかかりつけの病院治療費や歯医者での治療費の領収書も同じようにしっかり保管しておいて提出しましょう。
この手術に限らず、保険がきかない治療には医療費控除を賢く使っていく事が大事です。
わたしは歯医者でインプラント治療を受けた際にも医療費控除を利用して家計の圧迫を少なくする事ができました。
みなさんも参考にして賢く治療を受けてみてはいかがでしょうか。


医療費控除を利用しなくてもレーシック手術の治療費を少なくする方法もあります。

それは、手術の割引モニターになることです。
モニターとなって手術を受けた体験談を書くことによって手術代が割引になったり、場合によっては無料で手術を受ける事が出来るのです。

クリニック側としては、自分のクリニックで実際に手術を受けた方に体験談を書いてもらうことによって素晴らしい宣伝効果となりますので、このような割引モニターを募集しているクリニックが思いのほか多いものなのです。

わたしが手術を受けた時は割引モニターのことなど頭になく、
普通に手術を受けましたが、治療費を少なくしたいのであれば、割引モニターに積極的に応募してみるのもいいのかもしれませんね。

日々、医療技術の進歩と共に様々な機器や手法が開発されている医療の現場。

それは、レーシック手術を行うクリニックにおいても同じ事が当てはまります。
数年前まで主流だった手術法が今では古いもの、ということがありますので、
レーシック手術を受ける際には出来るだけ新しい技術を導入しているクリニックで手術を受けた方がよいでしょう。

そして、出来るだけ高額医療を受ける場合に、その治療費が少なくするようにしていくことが大事です。
わたしが使った医療費控除制度は一般の方にも高額医療が受けることが出来るようにしてくれている制度だと思っています。

みなさんも最先端の治療を受ける際には是非医療費控除制度を使いましょう。
わたしは今年、また歯医者でインプラント治療を受けようと思っています。
もちろん、医療費控除を使います。

コンテンツ

おすすめ