画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

医療保険とレーシック手術の関係

視力の低下が日常生活に影響を及ぼしていた為、レーシック手術を受けることにしました。
レーシック手術によって裸眼視力が回復しました。
視力矯正器具は不要となり日々の生活を快適に過ごしています。
レーシック手術にかかる費用は医療保険によって一部回収することが出来ました。

レーシック手術に関して医療保険が適用されるかどうかは契約内容によって異なるため、保険会社へ問い合わせることが良いでしょう。 レーシック手術は目に関する手術であるため、信頼の置ける医療機関を見つけることがポイントとなります。
説明会や問診などによって信頼感や安全性などを確認することが良いでしょう。

保険に加入後、一定の期間が経過するまでは問い合わせや受診などを避ける方が無難です。
保険に加入することによる調査が行われる為、告知義務違反に問われる可能性や請求目的による加入と判断される可能性がある為です。 手術は日帰りで行われます。

麻酔が切れた後に若干痛みを感じることがありましたが、痛み止めを処方されていたこともあり強い痛みを感じることはありませんでした(個人差があります)。

手術の前後には定期的な検診があります。
健診の際に気になっている点や不安に感じている点などを質問しました。
色々と目に関する質問を行うことによって、医師に気持ちを伝えることが出来た様に感じています。
医師やスタッフへの信頼感を持つことは、手術を決断する上でとても重要なことだと考えています。
説明会では医師と担当者が説明を行っていました。医療機関や医師、スタッフの印象を事前に知ることは大切なポイントです。

医療保険にはさまざまな種類があります。
手術による給付金を受け取ることが可能です。
以前、レーシック手術を行った際に「給付金を受け取ることが出来るかもしれない」と指摘されたため、保険会社に問い合わせを行った処、給付金の受け取りが可能でした。

手術を行った際には契約者側から保険会社へ連絡を行うことによって、保険会社は契約者が手術を行ったことを知るとのことです。

連絡後に必要な書類を集めて保険会社へ送付します。
担当者がいる場合には担当者に連絡することによって書類を渡すことが可能です。
担当者が不明である場合には送付先を保険会社へ確認することが良いでしょう。
担当者の有無は支払いに影響を与えることはありません。
所定の書類を送付した後はしばらく待ちました。
無事に審査を通過した為、給付金が振り込まれました。

ちなみに、給付金が支払われた際には特に連絡はありませんでした(保険会社や契約内容などによって異なる可能性があります)。

手術の費用は税金の控除に利用することが出来ました。
診察や手術に関する交通費も控除に合算できる場合がある為、領収書を取っておくことがポイントとなります。
レーシック手術を受けたことによって、視力の回復はもちろん、目の大切さを重視する様になりました。
目が疲れていると感じた際には、意識的に目を休めることを行っています。
近くを見続けている場合には遠くを眺めることや、目の体操を行うことによって、目を大事にすることに配慮する様になりました。

目は一生使い続ける為、今後も大切に扱っていきたいと考えています。

コンテンツ

おすすめ