画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックの手術ができない人はどんな人

私の目はとても悪いです。
強度近視と乱視があります。
また、右目は弱視でもあります。
弱視というのは、眼鏡やコンタクトレンズを使っても視力がほとんど出ない症状のことです。
両目が弱視だと障害者の手帳がほとんどの場合で貰えるようですが、片目の場合、訪問は貰えません。
私の視力は、右目0,02(矯正0,1以下)、左目0,05(矯正1,0)です。
左目は、眼鏡やコンタクトレンズを使えば、他の人と同程度はみえるようになります。
右目は、どんなに強いレンズを使ってもほとんどみえません。
右目は、赤ちゃんの視力がのびる時期に何らかの理由で発達しなかったとのことです。
要するに、両目でしっかりとみたことがありません。
立体視が苦手です。
緑と赤のフィルムの眼鏡をかけると絵や写真が立体的にみえるという本は、全く見えません。
小さいころ、その本の意味がわかりませんでした。
 もちろん、今もみえません。
また、3Dの映画やアトラクションは、他の人と同じように見えているかは疑問ですが何とかみえることがあります。
何故他の人と同じように見えていないと思うのかというと、まわりの反応と私の見えている状況が一致しないからです。
歓声が上がっていても私にはすごい映像には見えていないのです。
その状況を聞くとやっぱり違うようです。
3Dの映像をみるととても疲れてひどいと頭痛や吐き気をもよおしてしまいます。
もちろん3Dを見なければいいのですが、生活のなかにかなり浸透しているので完全に排除するのはとても難しいです。
仲の良い人には言えるのですが、知人程度の人には話すのは躊躇してしまいます。


弱視があって困ることはまだあります。
ぶつかることです。
右目が見えないので右側ですれ違うのが苦手です。
また壁や扉なんとの距離感がつかめずぶつかることもよくあります。
顔をぶつけて眼鏡を壊したことは、何回あるかもう数え切れないです。
私の目の状況を知っている人は、またぶつかってるくらいで見てくれるので楽ですが知らないと怪訝な顔をされたり逆にとても心配されたりもします。
眼鏡をかけているのにみえていないという状況は、なかなか理解しにくいようです。
ずっとこんな状況で生きてきてやはりコンプレックスでした。
でも、中学生だったか高校生の時だったかに二十歳になったらレーシックが受けれると知りました。
そこから、もう少ししたらレーシックを受けて見えるようになるんだと希望が持てるようになりました。
母親もレーシックには賛成していました。
二十歳の誕生日の少し前、母親とレーシックを行っている眼科に検査を受けに受診しました。
検査は、保護者同伴であれば二十歳になる前から受けることができたからです。
たくさんの検査を行い最後に先生の診察がありました。
明らかに次の診察は私の番なのに、なかなか呼ばれませんでした。
診察室の前では、何人もの先生が、バタバタ出入りしてなにかを相談しているようでした。
やっと診察室に呼ばれたのですが、まず言われたのはレーシックの適応ではないということでした。
レーシックをできない人がいるのはなんとなく知っていましたがまさか私が当てはまるとは思っていませんでした。
レーシックは、矯正視力で出るところまでしかよくならないそうです。

コンテンツ

おすすめ