画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

パソコンで悪くなってしまった視力をレーシックで回復する。

日頃パソコンに向かって仕事などをし過ぎると目の視力がどんどん悪くなっていきます。

最近はパソコンの普及とともにパソコンで遊べるゲームに面白いものが増えたこともあり、小学生や中学生もパソコンに夢中になってしまい視力がかなり悪くなってしまったという子も中にはいます。

 さてそんな悪くなってしまった視力というのは一度落ちてしまったら中々回復するのは難しいのが現状です。

遠くの緑を見るようにすると良いと昔から言われていますが、中にはそういった環境にない方も多いのではないでしょうか。

さらに視力を回復するのに効果的と言われるステレオグラムも毎日それを見て訓練をしないといけません。

 私の場合日頃パソコンを使用する仕事に勤めていて、視力が悪くなってしまいました。

そしてその視力を回復する為に色々とそういった視力回復に効果がある事を模索していきました。

初めに遠くの緑を見るように遠くの山を見るようにしたのですが、今一視力が回復している実感もなく実際にあまり効果がなかったように思います。

また遠くの緑をずっと見続けるというのも意外と難しいものでした。

 そして次にステレオグラムに挑戦しました。

町の本屋さんにいくと目がどんどんよくなるとのうたい文句のステレオグラム本を沢山見つける事が出来ます。

またはステレオグラムという呼び名でなくてランダムドットと呼ばれることもあります。

そんなステレオグラムですが毎日続けるようにすると少しだけ効果がありました。

若干視力を回復する事が出来ました。

といっても0.0いくつだっただったのが、0.1くらいに回復する程度でした。


 一応の効果は実感する事が出来たのですが、根本的な視力回復と呼べるのには程遠く3ヶ月ほどで私の場合はあきらめました。

そうして次にどうするかと考えた時にレーシック手術というものがあるというのを知りました。

 このレーシック手術の凄い所は短時間の手術、その日一日で視力が1以上になるというものです。

多少お金はかかりますがその効果は絶大で、視力が悪い人が初めてコンタクトレンズを入れた時にように見ている世界が変わりました。

手術する前はドキドキして不安でいっぱいだったのですが、いざ手術が終わってみると今まで見ていた景色ががらりと変わったのです。

本当にレーシックをして良かったと思います。

また私の場合は視力が安定するまでには私の場合1か月程度かかりました。

 日頃パソコンをしていて視力が落ちてしまってもうどうしようもないという方はこのレーシックを一度受けて見てはいかがでしょうか。

 視力が悪いとメガネやコンタクトレンズが必要になってきますが、メガネは夏は眉間に汗をかいて煩わしくなってしまいますし、コンタクトレンズは冬など暖房を入れているとコンタクトレンズそのものが乾いて目がしぱしぱして小まめに目薬をささなければいけなくなります。

さらにコンタクトレンズの場合は毎日洗浄などの手入れが必要で、ソフトコンタクトレンズの場合はコンタクト代金とその洗浄用品のランニングコストがかかってきます。

 それに比べこのレーシックは一度手術してしまえばそういったコストもかかりませんし、何より自分の目で直接ものをハッキリと見える喜びがあります。興味がある方は一度検討されて見てはいかがでしょうか。

コンテンツ

おすすめ