画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

特集!白内障手術をしよう!cataract

画像

白内障は実はかなりリーズナブルに根本から改善することができます。
場合によっては自費診療ではなく、保険が適用される場合も。
多焦点眼内レンズ・・・自費診療/単焦点眼内レンズ・・・保険診療(医院によっては可能)
ここでは、そんな白内障手術について詳細に解説していきます。
知識がまったくないという場合でも、このページを読めばOK!ぜひ参考にしてください。


そもそも白内障とは?

画像

そもそも白内障とは加齢によって水晶体が濁ってしまう病気のことを指しています。
これが影響して結果的に視力がどんどん落ち、見えにくくなってしまうのです。
具体的な症状としては下記が挙げられます。

霞んで見える
メガネの度があわなくなってきた
明るいところに出ると昔より眩しく感じる
二重・三重にものが見える

これを改善する為には、まず濁った水晶体を取り除くという作業が必要になります。
そして、その代りに眼内レンズを入れるのです。これが白内障手術のおおまかな概要となります。

あくまでも手術なので、合併症や術後の炎症などのリスクも存在します。
しかし、最近では医療技術が進み、これらのリスクも非常に低く抑えることができるようになったのです。

国内では約100万件もの手術が施されているという実績もありますし、もはや安全性はかなり高くなっていると言えるでしょう。 とはいえ、それでもクリニックの技術レベルや管理体制によって安全性には非常に大きな開きがあります。
安全性においても効果においても白内障手術でお薦めできるクリニックはこちら。

SBC新宿近視クリニック
オリコンランキングでもレーシック6部門で最大の評価を受けている一流のクリニック。
費用も適正、スタッフの対応も良く、手術前の説明や検査もしっかりとしています。
手術結果への満足度も非常に高く評価されています。

白内障手術をすることによって生まれるメリット!

白内障手術によってQOV(見え方の質)を圧倒的に向上させることが可能です。
パソコンやスマホ、携帯電話の画面の見え方もハッキリとしますし、スポーツや運動などの趣味をより楽しむことができるようになります。 結果的に生活レベルを高めることができるのです。

白内障の治療方法

白内障治療の一つの手段として挙げられるのが点眼薬。
しかし、これは病気の進行を食い止めるだけで、根本から解決することができません。
症状を改善する為には手術が必要となります。(手術は片眼15分程度で終わります。)
もちろん点眼麻酔(局所麻酔)で行われる為、痛みはありません。

眼内レンズの種類

画像

SBC新宿近視クリニックで白内障手術を行う場合は、こんな手術を行うことができます。

単焦点眼内レンズ(・・・健康保険適用)
ピントが合うのは一か所です。
その為、それ以外の距離だとピントがぼけてしまいます。
健康保険の適応となるのがメリットです。
近距離なら問題なく見ることができますが、中距離・遠距離はぼやけてしまいます。

多焦点眼内レンズ(・・・自費診療)
遠距離・中間距離・近距離の全てにピントを合わせることができます。
単焦点眼内レンズよりも高性能というイメージ。
眼鏡が全く必要なくなるわけではないですが、頻度はかなり少なくなります。
欧米では、老眼矯正の選択肢としてこのレンズを使用することもあるのだとか。

SBC新宿近視クリニックで使用される眼内レンズは安全性の高い最先端のアイテムです。
・TECNIS Multifocal 厚生労働省認可
・Oculentis Mplus Toric カスタムメイド多焦点レンズ

また、SBC新宿近視クリニックのスタッフは視力回復のエキスパート。誠実に対応してくれるのが嬉しいですね。
費用の詳細などは公式サイトに掲載されています。

コンテンツ

おすすめ