画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

特集!老眼治療しよう!farsightedness

画像

個人差はありますが、老化というのは誰もが必ずどこかで感じるもの。
眼球に引き起こされる老化現象「老眼」は特に多くの人が悩まされます。
殆ど全員の人が経験するものと言っても過言ではないでしょう。
そして、間違いなく殆どの人がストレスを感じるはず。
今まで見えていた新聞やパソコン、携帯などの画面がぼやけて見えづらくなるのですから。

老眼鏡をかけたところでストレスはなくなりません。
眼鏡をかければ肩や首は少なからず凝ってしまいますし、外見も変化してしまいます。
老眼鏡ってちょっとお年寄りっぽいですもんね。
ここでは、そんな老眼に関する様々な悩みを解決する方法をご紹介します。
最新の老眼治療は意外と気軽に簡単に、そして安全に受けられるものなんですよ!


そもそも老眼とは?

画像

そもそも老眼とは年齢とともに眼球のピントをあわせる機能が劣化してくることによって引き起こされる一種の老化現象です。
誰もが避けては通れないものと言っても過言ではないでしょう。

一昔前までは治療方法が確立されていなかったという背景もあり、殆どの人が老眼鏡をかけてやり過ごしてきました。 しかし、最近ではほんの数分間の施術で老眼を改善できるようになったのです。

レーシック手術で有名なSBC新宿近視クリニックが老眼治療における代表的なクリニックのひとつ。
安全かつリーズナブルに治療を受けることが可能です。まずは無料の説明会に参加するのがお薦め。
施術の具体的な内容や費用などについて親切に説明してくれます。
SBC新宿近視クリニックの公式サイトへ

治療後の見え方シミュレーションができる!?

画像

老眼を施術によって治療した場合、老眼鏡をかけずに、そのままの状態で見え方がハッキリするようになります。 しかし、いくら数分で終わると言っても手術は手術。
ちょっと不安な気持ちになる人もいますよね。
そんな人にお薦めなのが治療後の見え方シミュレーションです。

上記のSBC新宿近視クリニックの公式サイトから申込みが可能なのでぜひチェックしてみてください。 もちろん無料でシミュレーションすることができます。

これはメガネとコンタクトレンズで治療前後の見え方を実際に体験するというもの。
このシミュレーションを活用することで術後に「思った見え方と違う!」なんていうことになるリスクを軽減することが可能。

手術といっても痛みはありません!

点眼液を使用して局部麻酔をするので、手術中に痛みを感じることはありません。
また、適応検査を術前に行い、これで安全性が確認された人にしか手術を受けることができません。
つまり、手術に伴う危険性は術前の適応検査で排除されているというわけです。
一日で手術を終わらせることができるので安心して手術を受けて大丈夫ですよ!

おすすめはVue+(ビュープラス)
画像

老眼治療Vue+(ビュープラス)はSBC新宿近視クリニックで受けることのできる治療です。
手術は数分間で完了し、痛みを感じることはありません。
すぐに効果を実感することができますし、日帰りも可能で入院の必要はありません。
効果は半永久的に続くので、日々の生活をより楽しく充実させたものにすることができます。
老眼鏡も「見えないイライラ」もこれでサヨナラ!
45歳から60歳くらいの人には特に最適な術式です。

Vue+(ビュープラス)の公式サイトへ

治療後の見え方シミュレーションができる!?

画像

手術を完璧なものにする為には、手術後のアフターケアが必須!
いくら治療がパーフェクトに完成してもアフターケアを怠れば、何等かのリスクが生じてしまいます。
その為に術後検査までしっかりと行ってくれるところで治療を受けることをお薦めします。
その点まで踏まえても、やはりSBC新宿近視クリニックは良いクリニックだと思います。

コンテンツ

おすすめ