画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

title

私も治療を受けたSBC新宿近視クリニック!SBC新宿近視クリニックの魅力

画像

当サイトのレーシッククリニックランキングでも1位になっているSBC新宿近視クリニックは、豊富な症例数・実績、充実したアフターケア、そして豊富なメニューから自分に合った視力矯正手術を選べるのが特徴です。
角膜の状態・費用・使用機器などから現在の自分に最も適しているメニューを選べるので、術後のリスクを大幅に軽減することが可能です。
ここでは、豊富な視力矯正方法について簡単にまとめてみました。

【レーシックメニュー】

SBKレーシック

片目45,750円(税抜)/両目71,500円(税抜)
SBKウルトラマイクロケラトームという機器で極薄のフラップを作成し、エキシマレーザーで角膜の曲率を変えます。
オーソドックスな方法ですが、従来のマイクロケラトームよりも非常に薄いフラップを作ることが可能です。
一人ずつ新しい手術キットを開封する為感染症対策も万全です。
費用を抑えて安全性の高いレーシックを受けたい方に大人気のメニューです。

iFSイントラレーシック
画像

片目102,000円(税抜)/両目184,000円(税抜)
最新型のイントラレーザーiFSでフラップを作成し、VISX STAR S4というどちらも厚生労働省承認の機器を使用します。 一人一人の目に適したオーダーメイドのフラップ作成が可能で、コンピューター制御で作成する精密なフラップが特徴です。
費用と安全性のバランスが取れたスタンダードな術式です。

iFSイントラレーシック オプティマイズ

片目119,750円(税抜)/両目219,500円(税抜)
厚労省承認のイントラレーザーiFSと、同じく厚労省承認のアレグレット・ウェーブアイキュー・ブルーライン(銀座院はEX500)を使用します。 角膜にレーザーを照射する時間がより短縮でき、アイトラッキングシステムによって非常に正確にレーザーを照射することが出来ます。 より高い安全性を確保できる人気の高い術式です。

Custom Topo Fit イントラレーシック

片目134,000円(税抜)/両目248,000円(税抜) ※プレミアムアフターケア付き
厚労省承認のイントラレーザーiFSと、同じく厚労省承認のアレグレット・ウェーブアイキュー・ブルーライン(銀座院はEX500)を使用します。 術後の不正乱視を軽減できるプログラムで、見え方のクオリティが高まります。 プレミアムアフターケアも付いているのでより安心できます。

i Design レーシック
画像

片目159,000円(税抜)/両目298,000円(税抜) ※プレミアムアフターケアplus付き
イントラレーザーiFSとiDesignアドバンスト ウェブスキャンを使用します。
角膜が非常に歪んでいる方でも受けられる程、精度の高い角膜形状解析とそれに伴って非常に精度の高いレーザー照射が可能です。
術後の見え方のクオリティも非常に高いので、クオリティ重視の方に人気。

【フラップレスメニュー】

ReLEx Smile
画像

片目162,500円(税抜)/両目305,000円(税抜) ※プレミアムアフターケア付き
カールツァイス社のフェムトセカンドレーザー「VisuMax」を使用します。 従来のレーシックでは28mmのフラップを作成しますが、リレックスの場合はたった3mmしか切開しません。

使用機器も一台なので、施術時間も短く、フラップを作成しないので角膜強度も高く保たれます。(スポーツ選手にも向いています。) また、術後の視力回復も早いのがポイント。
安全性が非常に高く、ハログレア現象が少ないのも特徴です。
最先端の施術を受けたいという方にはこれがおすすめ。

この他にも、「プラチナLASEK」や「フェイキックIOL」、老眼向けのレーシックや白内障治療、手術の以来ないオルソケラトロジーなど本当に幅広い施術から選択することが出来ます。

予算や自分の目の状態から最適なものを選ぶことが出来るので安全性も高まります。
自分には何が合っているのか、無料の説明会(カウンセリング)でアドバイスを受けることが出来るので一度相談してみると良いでしょう。


コンテンツ

おすすめ