画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

視力回復が期待できるレーシック

近年、視力の低下に悩まされる方が増加しています。
そのため、様々な視力補正器具などを利用し、視力を補って生活しなければならない方が大勢いらっしゃるのです。
しかし、医学の進歩により、レーシックという目そのものの視力を改善させる治療法が開発されました。
日本では最近多くの芸能人やスポーツ選手によって、評判が高くなり知られるようになりましたが、海外の先進国では以前から行なわれている治療法の一つとして知られています。
そのため、年々安全性が確立され、安心して受ける事が出来るようになりました。
そもそもこの治療法は、視力の低下を引き起こしている原因とされている角膜の屈折部分に医療用レーザーを照射し、その屈折率を調整していくという治療法です。
この手術時間はわずか1分程度で終了し、両目共行なった場合でも2分程度の時間で済むため、会社帰りの方が忙しくて時間がない方も安心して受ける事が出来ます。
そして、早い人ですと、次の日からよく見えるといった効果をもたらし、その後はしばらく検診などに通い、経過を医師に見てもらう必要がありますが、特別なメンテナンスなどは不必要になります。
コンタクトレンズやメガネなどを使用している方は、定期的にレンズ交換や毎日のケアが必要となっていますが、レーシックは何も面倒な事がないので人気が高いようです。
私は3年前に両目共レーシックを受けましたが、今でも視力は全く落ちていません。
それまではメガネを毎日装着していましたが、視力が下がるごとにレンズの交換に行ったり、夏場の暑い時期にメガネを装着している鼻の部分に汗が溜まったりと不快感を持っていました。
しかし、当時はメガネかコンタクトレンズのどちらかしか知らなかったため、毎日のケアをしなくても良いメガネの方を選択し使用していました。
そしてある日、同僚からレーシックが良いと教えてもらい、早速施術を行なっているクリニックに行きました。
待合はたくさんの患者さんで、こんなにたくさんの方が受けるのかと驚いたものです。
そして医師に説明を受け、後日手術を受けました。
手術後目を開けるまで緊張しましたが、開けて今までと世界が違って見え、本当に感動した事を覚えています。
メガネやコンタクトレンズをお使いの方は、毎日の生活が楽になるレーシックの治療をお薦めします。

コンテンツ

おすすめ