画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

2年ほど前にレーシックの治療をうけました

2年ほど前に視力を回復させるためにレーシックの手術を受けました。
当時両目ともにほぼ0.01程度でめがねが片時も離せない状態でしたので、なんとか裸眼で暮らしていけるようになりたいと思って、手術を受けることにしたのです。
最初はトラブルが起きるではないかといろいろ心配しましたが、クリニックで事前の説明会に出席し、無料の検査を受けたことによってかなり安心することができました。
実際に目をチェックしてもらうと、データからどの位に視力が回復するかについて事前にわかるということで、ほとんどコンピュータを利用してこまかく検査することにより、どこにレーザーを当てるかについても細かく事前に判るという話を伺ってすっかりやる気になりました。
私のイメージでは、医師が独自の判断で手術をするものだとばかり思っていましたが、今は細かいハイテクの検査機器でかなり時間をかけて目の検査をし、そのデータに基づいてレーザーをあてる手術を行うため、かなり精度が高く、狂いも無いので安心して受けることができるということでした。
実際手術を受けることになって、事前に検査を受けましたが、2時間近くかけて細かく検査を行い、そのデータをもとにして手術が行われることになりました。
事前の検査は長かったのですが、実際の手術は両目でほんの15分程度で終ってしまい、ちょっとびっくりした次第です。
術後は2日間ぐらい頭が痛かったりして、体が馴染むのが大変でしたが、その後急激に視力が回復し、夜車を運転してもとにかく細かいところまでよく見えるようになって、とてもうれしかったことを覚えています。
術後の2週間ぐらいは様々な後遺症もでましたが、安定してくるとすっかりよくなり、今では両目とも1.5以上の視力を維持することができています。
やはりめがねに依存しないで済む生活というのは、全く異なるものになり、非常に結果については満足している状況です。
手術に失敗すると取り返しのつかないことになるのではと心配しましたが、やはりこのレーシックの手術を受けて本当によかったと思います。
このままずっと回復した視力を維持していけるように努力していきたいと思う今日この頃なのです。

コンテンツ

おすすめ