画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術で裸眼でクリアに見える素晴らしさを体験しました。

見え方の質を向上させる最新医療のレーシックは全国各地に医療機関があり、近視などで悩んでいる方には視力を蘇らせる画期的な手術があります。
最高の技術と設備が整った医療機関では各機関の独自の方法で手術を行い時代と共に進化し続けている部門として大きな話題を呼んでいます。
私は昨年このレーシック手術に挑みました。
今は両目とも1,0です。
すこぶる回復に目を見張るものがありあんなに見えなかったものがはっきりと映し出させることに強い感動を覚えました。
それまでは0,1と0,09の視力でメガネをかけて過ごしていましたが仕事上不具合な点も多々ありメガネをかけることの億劫さに苛立ちを感じレーシック手術に思い切りました。
手術の前に詳しい説明と適応テストと受け日程などを打ち合わせしました。
適応検査をクリアするとカウンセリングに入りますがその際に個人的にどの方法が相応しいかなどを判断され適応検査に基づきながら手術を決定されました。
大事な目の手術なのでとても丁寧に対応されカウンセリングでは目の仕組みなどを詳しく説明され納得した上で手術に臨みました。
手術を受ける時には誰でも不安になりますが家族も一緒にカウンセリングに臨んだので安心できました。
最初は片方の目を行い問題がなければもう片方の手術をするという手順でした。
私は最初右目から行い日を開けて左目を行いました。
両目とも全然不具合が無く無事終了しとにかく劇的な視力の回復に感激しています。
裸眼で見える素晴らしさは本を読んでいてもテレビを見ていても日常過ごす中で支障がないという事に対して改めて技術の高さと医療の発達に感心しました。
今では有名芸能人も行っているレーシック手術は外観の良さばかりではなくメガネの煩わしさから解放できるという点が重視されています。
視力に合わせて何度も作り直しをしなくてはならないメガネはとても不経済です。
つけていることの違和感もあり、好きなお洒落も台無しになる点が嫌でした。
視界がクリアになり毎日快適な暮らしや趣味に没頭できるようになり感謝しています。
また仕事にも打ち込めるようになり、好きなファッションも楽しめます。
また性格も明るくなったと周りからよく言われます。

コンテンツ

おすすめ