画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

アトピー持ちのレーシック体験記

手術前はパソコン作業の多い仕事をしているせいか、視力の低下が著しいのでコンタクト代が高くついて困っていました。
メガネも合わないので考えていたところ、レーシック手術に行き着いたのです。
ただ、私は子供の頃からのアトピー持ちで、結局成人しても治るどころか日々のストレスで、時によっては重症化してかかりつけのお医者様のお世話になるほどだったので、果たしてレーシック手術などしてよいものか不安でした。
そこで、かかりつけの皮膚科医の先生に相談したところいくつかのアドバイスをもらうことができました。
まず、アトピーは普通の人より新陳代謝が悪いため、術後の治りが遅いこと。
こればっかりは生まれもった体質なので諦めるしかないですよね。
次に、手術を受ける時期や季節に気をつけること。
術後は目に触らないように気をつけなければならないんですが、花粉症の時期に仮に手術をすると傷にアレルゲンは入るかもしれないし、うっかり目を擦ってしまったりするかもしれないからです。
また、もし手術前にアトピーが何かの拍子に重症化したら、手術は一旦先延ばしにしてアトピー改善を優先するようにとのことです。
重症化してる間は体質が変わったり抵抗力が落ちている可能性があり、手術での防ぐことのできるリスクを増やすことになりかねないからです。
お医者様に教えてもらったアドバイスを元に手術日を決め、何とか無事に終えることができました。
もともと痛みを感じにくい体質らしいので、術後の痛みはそれほど苦痛に感じるものではありませんでした。
ただ、面倒くさがりなので目薬を決められた量をさすのが億劫になりましたが、こればっかりは自分の目の為なのでやり忘れないよう習慣にすることができました。
幸いなことに、術後特にこれといったアレルギー反応がでることがなかったので、平穏無事に過ごすことができています。
むしろ視力が良くなった分、前より外に出るようになりました。
視力で言うと、以前は0.01あった方だったのが1.0になったので周囲がくっきり見えて快適そのものです。
実際に手術した側から言うと、お出かけをもっと楽しみたい方はレーシック手術をおすすめします。
視力の悪いままでは人生損をしています。
アレルギー反応やアトピーの悪化が気になる方は、無理に手術しない方がいいです。
手術しても、重症になるかならないか気にして生活する方がストレスになって、結局悪化につながるからです。
一人でも多くの方が人生を楽しめるよう応援してます。

コンテンツ

おすすめ