画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック後は入浴やお酒などが制限されます

先月、レーシックの手術を受けてきました。
友人から紹介してもらった病院で信頼できるところでしたが、手術というものを1度も受けたことがなかったので、内心は不安がいっぱいでした。
ですが、丁寧にわかりやすく説明してもらったことや、本当にささいな疑問にもきちんと答えてもらったことなどもあり、安心して手術当日を迎えられました。
いくつか術式がある中で、私は一番スタンダードなものを受けました。
術式によって多少の違いはあるのですが、手術後に入浴やお酒、メイクの制限や目を疲れさせないようにという指示があります。
これからレーシックを受けようと考えている人は、少しまとまった休みが取れるときにするのがおすすめです。
ちなみに私の場合ですが、手術当日の入浴と洗顔はNGでした。
シャワーも、首から下のみという条件付だったので、手術当日は洗髪もできません。
翌日からは洗顔・洗髪ともに許可がでました。
手術後は角膜が敏感になって傷つきやすい状態らしく、なるべく目を保護することが大切になるそうです。
そのため、洗顔をしても化粧水などのスキンケアは目の周りを避けるようにと言われました。
1週間はアイメイクもできませんでした。
この間はファンデーションとチーク、リップメイクのみにして、度の入っていない伊達眼鏡をかけて出社していました。
それまで使っていた度の入ったレンズのメガネはもう合わなくなっていましたので、近くのメガネ屋で安い伊達眼鏡を買いました。
働いている女性の場合、ノーメイクで出社できないということもありますので、メイクに関しては事前にしっかり医師に確認しておいた方が良いと思います。
1週間くらい休みが取れれば良いのですが、なかなかそうもいきませんので、伊達眼鏡のように対策を考えておくのもおすすめです。
お酒は術後3日くらいは禁止されていました。
元々、お付き合いで飲む程度なので苦ではありませんでしたが、どうしても外せない飲み会の予定があるときは、手術の日をずらすことも考えおいた方が良いでしょう。
病院や術式によっては翌日から少量ならOK、1週間は飲酒は避けるように指示されるなど違いがあるそうなので、これも自分の場合はどうなのか確認が必要です。
こんなふうにいくつか制限はありますが、私はどれもそれほど困りませんでした。
眼鏡やコンタクトが必要なくなったのは本当に助かりますし、なんだか少し、見える世界が違って感じます。

コンテンツ

おすすめ