画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術のあとのお風呂

レーシックの手術を受けたあとは、目の保護を大切にしなければいけません。
私がレーシックを受けた病院のドクターの説明によると、レーザーで角膜を削った直後は目が非常に敏感になっているそうです。
そのため、刺激を与えないようにして、ほこりなどが入らないようにする必要があります。
レーシックは入院の必要の無い日帰り手術ですが、だからこそ、しばらくは自宅での生活にも細心の注意を払います。
私は健診などアフターケアが万全で、自宅での過ごし方の指導などもきちんとしている病院を選びました。
そこでは、口頭での説明の他に、注意事項をわかりやすく紙にまとめたものを用意してくれました。
手術後しばらくは、入浴や飲酒、メイク、スポーツなどが制限されます。
私はお酒は飲みませんし、スポーツもしていなければジムに通っているわけでもありませんので、この2つに関しては特に問題ありませんでした。
メイクはアイメイクはできませんがファンデーションは使えます。
元々、それほどしっかりとしたメイクをするわけでは無いので、これも別段困りませんでした。
気を使ったのはお風呂です。
手術当日は入浴は禁止で、シャワーも首から下のみ、洗顔はできません。
翌日からふつうにお風呂に入れるようになりますが、それでも1週間くらいはかなり気を使いました。
私は普段、半身浴をしています。
身体を暖め、じんわり汗をかくくらいまで湯船につかるのですが、汗が目に入ったら困るので、しばらくは半身浴を控えるようにしていました。
洗顔後のスキンケアも、目の周りを刺激しないように、目に化粧水などが入らないように注意が必要です。
アイクリームや目元用の美容液はしばらく使わないようにと指導されました。
術後1週間ほどは、こんな感じで日常生活にも気を使っていました。
私がレーシックを受けたのは秋だったので、湯船につからなくても身体が冷えてしまうということもありませんでしたし、1日洗髪ができなくても困ることはありませんでした。
連休が取れる時期ということで秋になったのですが、お風呂や洗顔のことを考えると、ある程度まとまった休みが取れないのであれば、手術を受ける時期も考えておいた方が良いでしょう。

コンテンツ

おすすめ