画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

コンタクトレンズの手入れが面倒なのでレーシックにしました

視力が回復する手術として注目されているレーシックを受けました。
20代を過ぎてから急に視力が下がったので最初はめがね、それからコンタクトレンズを長年、愛用していましたが、視力回復の手術があると聞いて興味を持ちました。
手術といったら大掛かりに感じましたが、レーシックは1日で手術が終了して気軽に受けることができるということでした。
手術の内容は角膜屈曲矯正をするもので、角膜にレーザー光を照射することで、角膜の屈曲率に変化を加えていき、衰えていた視力を回復するという方法です。
レーザー光はエキシマレーザーという光が利用されています。
この手術の方法は1990年代にアメリカに始まり、次第に世界各国に広がっていった方法で、2000年になると日本国内でも厚生労働省から手術が認可されて利用者が少しずつ増えてきて普及しています。
手術を受けた人の多くは、それまで利用していたメガネやコンタクトレンズを着用することなく裸眼で日常生活を送ることができるようになります。
私もコンタクトレンズを利用していますたが面倒くさがりなので、毎日の取り外しやレンズの管理がとても億劫に感じていましたが、レーシックの手術のあとはそのようなことをする必要もなく、裸眼で過ごせるので毎日の生活がとても楽になりました。
メガネやコンタクトレンズをつけなくても、目が見えるというのはとても便利で家のなかで寝る前や起きてすぐの時など、以前だったらあまり周りが見えていない状態で過ごすようなこともありましたが、今では視界がクリアなので過ごしやすいです。
レーシックは危険性が高い手術ともいわれていますが、私の場合は手術の後、横になって体を休めるようにいわれました。
そして手術の翌日、一週間、一ヶ月後など定期健診のために病院に通い、術後の経過を調べられました。
私の場合は翌日には視力がよくなっていて視界がクリアになりましたが、それが安定するまでには人によっては数ヶ月かかることもあるということと、術後の異常などはないかということで、先生が丁寧に術後検診をしてくれました。
今では視力が1.2にまで回復しています。
視力が悪かったときには見えなかったものがクリアに見えることで生活も改善しています。

コンテンツ

おすすめ