画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックができない人の条件に該当してしまったのです。

小さなときから、極度の乱視をともなった近視の状態で、日常生活には、眼鏡やコンタクトが欠かせないのです。
そういった中で、やはりコンタクトやメガネの手入れが面倒になってきたことと、レーシックについて施術例も増えてきて、その効果がわかるようになってきたことから、一大決心をしてレーシックを受けようとしたのです。
そして実際に眼科に行って、目の診断などを受けたのです。
その結果私はレーシックができない人に該当してしまったのです。
さてその理由としては、二つあったのです。
まず最初は前述したとおり、かなりの乱視が入っている近視のために、手術をしても、結局メガネをする必要がある可能性が高いということです。
そしてもう一つが、目の状態だったのです。
それは角膜が薄かったのです。
結局手術は角膜に対して行いますので、薄いとうまくいかないということなのです。
そしてその時に眼科医から、ほかにもできない人の条件というのを知ったのです。
それはやはり目に病気を持っている方、つまり白内障や緑内障といったものなのです。
その他にも妊娠中や授乳中の方や、まだ体が成長過程である17歳以下の方というったことなのです。
そしてその時の話の中から、今後手術に対する技術向上で私のように乱視の強い近視の方でも、手術を受けれる可能性が高くなるかもしれないという話があったのですが、そこまで待つには年齢が高すぎるというのも、一つの問題になってくるといわれているのです。
つまりレーシックで視力が回復しても、老眼に関しては、どうしてもその状態になってしますので、元々手術を受けるきっかけとなったメガネがいらなくなるということへの対応はできないというわけなのです。
本来であれば、視力を回復することで、今まで以上に快適な視界を得ることを希望していたのですが、現実には難しい問題が目の前に広がっただけだったのです。
とはいえこのような条件にマッチしたのは、私のような例だけですので、特に若いうちであれば、視力が改善することで手にするメリットは多くありますし、その安全性も高くなってきていますので、視力回復の方法として、皆さんに勧めたいのです。
そしていつか技術の発展で私もレーシックを受けれるようになりたいのです。

コンテンツ

おすすめ