画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックとは視力を回復するための手術です

受験勉強をするなかで視力が一気に落ちました。
メガネをしたりコンタクトレンズを利用していましたが、レーシックというものがあることを知り調べてみました。
レーシックとは、眼球の角膜にレーザー光を照射することで、角膜の屈曲率に変化を加えて視力回復をはかる手術で、1990年代にアメリカを中心に世界に広まりました。
日本では、2000年に厚生労働省から認可され手術を受けることができるようになりました。
手術の方法は角膜の表面をうすく削り取り、フラップといわれるものを造ることから始めます。
フラップをめくった部位にエキシマレーザーというレーザー光を照射して角膜を削っていきます。
角膜を削ったあとにフラップを元の位置に戻すことでフラップは自然に角膜に定着します。
角膜はレーザー光を照射することで薄くなるので、曲率がかわって近視を治すことができるのです。
私は手術を受けて2~3日で視力が回復しました。
人によって回復にかかる時間は異なるようで、翌日にすぐに効果が出る人もいれば1ヶ月くらいかかる人もいます。
術後すぐは運動はさけてゆっくりと安静にすることが求められます。
術後検診も受けるように進められました。
レーシック手術を受けた後は、めがねやコンタクトレンズが不要になったので生活スタイルが大きく変わりました。
コンタクトレンズは装着してしまえば日常生活はほぼ、裸眼の人と同じように過ごすことはできますが、毎日の手入れが大変だったり、定期的に新しいコンタクトレンズを購入したり備品を揃えるのも、一生涯となるとかなりの費用がかかります。
それらのことを考えるとレーシックを受けても決して高いとは感じませんでした。
視力が悪いと、日常の生活のなかで様々な支障がでてきます。
一日中コンタクトレンズを装着しておくわけにもいかないので、何かと不便なものです。
レーシック手術を受けてから、裸眼でも日常生活を無理なく過ごせるようになってから、視力が悪い時の生活がいかに不便で面倒くさかったのかということがよくわかります。
視力は落ちないように、子供の頃から気をつけて生活することが大切ですが、視力が落ちてしまった場合は、メガネでの生活をするかコンタクトレンズを利用するか、というほかにもレーシックも考えてもいいと思います。
ただ、トラブル発生も増えているようなので、信頼できるお医者様に頼むべきだと思います。

コンテンツ

おすすめ