画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

ドライアイでも場合によってはレーシックを受けられる

いつからなのかわかりませんが、視力の低下と共に感じるようになってきたのが目のかゆみでした。
ある時、めがねを新しく作るために眼科へ行きました。
すると、ドクターが私の目を見るなり、かゆそうな目をしていると言ってきました。
びっくりしましたが、診察をしてもらうと私の目はアレルギーとドライアイがあるとのことで、目がごろごろしやすいのもそのせいだったのです。
その後、パソコンをよく使うこともあってだんだんと視力が落ちてくるのでレーシックのことを考えるようになりました。
従兄が数年前にレーシックをしていて視力がとても回復し、めがねなしでも何でも見えるようになって快適だと言っていたからです。
めがねは便利ですが数年ごとに買い換えなくてはいけないですし、コンタクトレンズも手入れが大変です。
私は両方を経験していましたので長い目で見てもレーシックを受けることのほうがいいのではないかと考えました。
そこでさっそく適正検査を受けました。
ドライアイの場合は重度であると手術を受けられないと聞いていましたのでかなり心配をしながら検査をうけましたが、私の場合はそれほど重度なものではないということで問題なく受けられることになりました。
適正検査は予約を入れておけば無料で受けることができたので良かったです。
それから具体的に手術を行う日を決めました。
目をあまり疲れさせないようにと手術の前後の日はめがねもはずしてパソコンをあまり触らないように気をつけましたし、お酒も飲まないようにしました。
特に手術後は眠っている時などに無意識に目をこすったりしないようにアイマスクのようなものを装着して寝たのですが、それでも寝ぼけて目をこすってしまいそうになり、ハッとしてヒヤヒヤしたのを覚えています。
レーシック後にドライアイになる人もいると聞いていましたが、もともとドライアイの私はそれほどひどくなったと感じることもなく、言われた通りに点眼薬をさしていました。
頻繁にさしていたので逆に普段よりも目の乾きを感じなかったくらいです。
レーシック手術後は翌日くらいには視力の回復を感じることができました。
確実に細かい文字や遠いところの文字なども見えるようになったので、ずり落ちるめがねを気にしなくてよくなった分、気持ちがとてもリラックスできるようになりました。

コンテンツ

おすすめ