画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

ブルーライトをカットするPCメガネをレーシックの後から使い始めました

レーシックを受けた病院で教えてもらったのが、ブルーライトをカットしてくれるというPCメガネです。
IT系の仕事をしているので、仕事で長時間パソコンに向かっていると話したところ、勧められました。
パソコンやテレビ、ゲーム、携帯電話・スマートフォンなどの画面を長時間見続けることは目に大きな負担がかかります。
近くを見続けることで、目のピンとを合わせる機能への負担がかかることや、まばたきの回数が減ることからドライアイになりやすいのだそうです。
病院の医師の話ですと、ブルーライトが目に与える影響は近年指摘され始めたもので、まだまだ研究途中の分野だそうです。
しかし、パソコンなどの画面から発せられるブルーライトをカットするメガネを使った実験では、目の疲れが軽減されたとのデータが出ているそうです。
病院で教えてもらったPCメガネを販売しているお店が近所にあったので、休日に買いに行きました。
シンプルなセルフレームのデザインで、フレームの色は10種類以上から選べました。
レンズは茶色のものとクリアタイプの2種類がありました。
ショップの店員さんの話によると、茶色いレンズの方がブルーライトのカット効果は高いそうですが、見た目が自然なクリアタイプを選ぶ人も多いそうです。
目の保護のことを考えていましたし、とりあえず仕事以外のときはテレビや携帯を見るのを減らすようにするつもりだったので、茶色いレンズの方を購入しました。
仕事中にPCメガネを使うようになって、1週間経たないうちに効果がはっきり体感できました。
いつも、1日の終わりには目の奥がジーンとしていたのですが、それが気にならなくなりました。
効果があるとわかったので、次の休みの日にクリアタイプの方も購入しました。
仕事中は茶色いレンズの方を使い、それ以外はクリアタイプの方をかけるようにして過ごしました。
レーシックを受けてから1ヶ月以上経ち、検診でも特に問題が無いと言われていますので、今ではクリアタイプの方はそれほど使わなくなっています。
意識的にテレビやパソコンを使わない生活をしていましたが、自宅でテレビを見るときやネットをするときなどにクリアタイプの方を使っています。

コンテンツ

おすすめ