画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術後丸3年が経過するが左目だけぼやける・・・

私は、中学時代からとても目が悪くメガネ無しの生活はできませんでした。
出産後さらに目が弱くなり、あげくコンタクトもできなくなってしまい数年はメガネ女子の生活でしたが日頃パソコンと向きあう仕事のため、眼精疲労は半端ではなく肩こり、めまいに悩まされていました。
おそらくメガネの度がきついので目への負担はかなりあったのだと思います。
以前からレーシックはとても興味があったのですが、こんな目の状態(特にドライアイが酷い)でできるかどうかも不安があり、さらに術後の後遺症(ハローグレア・ドライアイ)などが一般的に起こりやすいと聞いていたのでそこも二の足を踏む要因の一つでした。
ただ相変わらず眼精疲労からくる肩こり、めまい、に悩まされ続けていたのでいつかはしたいなあ・・・という思いは強く、周囲でレーシックを受けた人の体験談など聞きながらどこの病院でするかは常に検討していました。
そんな時、主人の知り合いがある病院でレーシック手術を受け、紹介者と紹介された側にも手術代が4万円引きになるというキャンペーンをやっていると聞いたので先に主人が手術を受ける事になりました。
一番自分の身近にいる人なので術後の観察もできるし、一番信用できるので言い方は悪いですが「実験台」になってもらいました。
主人も目が悪く、ずっとコンタクト生活でしたが、1か月のコンタクト代もばかにならず、また何より埃まみれになる仕事柄しょっちゅう目にゴミが入りコンタクトには苦労していました。
手術を受けた病院は誰もが聞いた事がある大手なので不安はなっかたのですが、手術の方法や保証期間により値段が何種類かに分かれており、はっきり言ってこの違いは説明を聞いても素人にはよくわかりませんでした。
上を見ればきりがないのでごく無難に一番人気の術式でお願いし、いざ手術の日。
検診でも問題なかったのですんなり10分ほどで終了しました。
術後の経過も良好で、一番心配していた後遺症もなく、主人はやってよかったと絶賛していました。
主人の勧めもあり、その半年後にいよいよ私も手術を受ける事にしました。
検診ではドライアイがきつい、とは言われましたが目の状態も手術を受けれないほどではない、との事で一安心。
ただ術後ドライアイが今よりきつくなる可能性はある、との事でした。
ドライアイと言ってもずっとメガネだったのでさほど不自由は感じていなかったのですが、手術の後その事を痛感するとは思いもしませんでした。
手術は問題なく終わり、術後の経過も順調。
ただ術後ぼやけるので医師にも相談しましたが症状が落ち着くのには3か月はかかる、との事でした。
ネットで調べても症状が落ち着くまでは同じような症状で悩んでる方が多かったので自分もいつか治るだろうと思っていましたが、医師が言った3か月を経過しても6か月を経過しても症状は変わらずでした。
ただ一日中ぼやけてる訳ではなく、朝起きてから昼前くらいにかけてだんだんと視界がすっきり晴れてくるような感じです。
それも右目は症状も落ち着いたのですが左目だけは相変わらずだったので近所の眼科で診てもらいました。
結果、レーシックの手術自体は何も問題なく目も綺麗な状態との事。
ぼやける原因はきついドライアイで涙の状態が安定していないせいだと言われました。
ドライアイが原因でぼやけるとは思っていなかったので改善する目薬を常にさしています。
3年経過する今も症状は変わっていませんがそれでもレーシック後眼精疲労、肩こりは劇的に改善されました。
ドライアイがきつくなっても以前のメガネ生活と比べるとこちらの方がかなり快適に生活できてるのやって良かったと思っています。

コンテンツ

おすすめ