画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックの安全性はけして低くはない

時々レーシック難民という言葉を聞きます。
これはレーシックの手術を受けた後に合併症などの問題が起こってしまった人たちが適切な治療を受けることもできずに放置されてしまっている状態を言います。
この言葉を初めて聞いた時には少しレーシックに対しての恐怖感がわきました。
それは事実です。
けれど実際に説明を受けて適正検査もきちんとしてもらい、経験値のある技術力が高い医師によって最新の施術機器で手術をしてもらえば安全性は極めて高いと言えるのです。
それは私自身が身をもって感じています。
昔はともかく、今は患者一人一人の角膜に合わせて手術が行われます。
レーザーを照射する時も検査の時に調べたことをもとに行ってくれましたから私の場合は全く問題がありませんでした。
それに病院の衛生管理もしっかりされていることも安心できた理由の一つでした。
私もレーシック経験者からアドバイスされて行ったことですが、価格の安さにつられてクリニックを選ぶのではなく、衛生管理や医師の技術、使われている機器など総合的に見てクリニックを選択するほうがいいです。
もちろん安くても最新機器を使っていて医師の技術もあるのなら言うことなしです。
それからアフターフォローもしっかりしているところを選ぶのがいいと感じました。
私もそうだったのですが、手術後もフラップが安定してしまうまでの数か月間は油断ができず、不安になってしまうこともあります。
そういう時に診察をしっかりとしてもらうことができるのはとても助かりました。
手術後の診察は一定期間無料でしたし、私はもともとドライアイで、手術後は悪化しないようにその専用目薬などを毎日つけていたので逆に目の潤いが保たれていたくらいでした。
レーシックの価格に関して言いますと両目で20万円から30万円ほどかかるのが平均だそうです。
私の時はその平均価格内でした。
大手のクリニックですといくつかのプランがあって、その中から選ぶことができます。
従来のやり方ですと7万円から8万円という価格なこともありますが、最新の技術と機器を使ってする場合はやはり20万円から30万円が普通です。
目は一生使うものなので、先のことを考えて行動すべきだと感じました。
私は安全性が高い方法で手術をしてもらい、今ではすっかり視力も回復して快適に過ごしています。

コンテンツ

おすすめ