画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック術後の温泉は禁止さてれいます

数年前にレーシックの手術を受けた際にクリニックから言われましが、術後の温泉は一定期間禁止されています。
一般的には術後最低1週間ということでしたが、私は1年近く公衆浴場に近いところには出かけませんでした。
基本的に温泉が不衛生であるということではないのでしょうが、やはり複数の人が利用する公共の場に行って顔をあらったり、目にばい菌が入りそうなところには出向かないほうがいいようです。
実際に角膜のフラップが安定的に固定される前ですと、やはりそこから菌に感染して大変なことになることがあるそうです。
実際菌に感染してしまいますと、再度消毒をしたり、抗生物質を使ったりして、最終的にはフラップを再度持ち上げて、その下の部分まで除菌していかなくてはならなくなるため、完治するのにはかなりの時間がかかってしまうということでした。
私の場合は、自宅の風呂も一週間は利用せず簡単にシャワーを浴びたり、体を拭いたりして凌ぐようにしました。
ほぼ一週間すると角膜も安定しはじめるそうなので、それ以上はあまり気を使いすぎることはないそうですが、それまでは十分に用心しながら、顔を洗ったりしていました。
なにしろ生まれて初めての目の視力回復手術ですから、わからないことばかりで、余分な行動をしてせっかく回復しはじめている目を台無しにしないように気を使った記憶があります。
まあ、あまり神経質になる必要はないですが、それでも気をつけられることについては十分に気を使うことが必要ではないかと思います。
実際に手術を行って視力が飛躍的に向上してきてめがねも要らなくなりますと、本当にうれしい気分になりますし、人生が大きく変わった気分に浸ることができます。
温泉などで寛ぐのは十分に目の調子が回復する半年後以降でも決して遅いことはないと思います。
個人的な印象では、レーシック手術のあとに、何も慌てて温泉に入りに行く必要はまったくないと思いますし、術後合併症なども一定期間起こることになりますので、別に無理をしてそうした行為をする必要はないのではないかと思います。
それよりも完全回復のためにとにかくおとなしくして、余分なトラブルを起こさないように気をつけることが重要だと感じます。

コンテンツ

おすすめ