画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術を受ける人の割合が増加している理由が分かりました

私は子供のころから視力が悪かったこともあって、ずっと眼鏡をかけて生活を送っていました。
私はコンタクトレンズが自分の目に合わなかったために眼鏡しか使用することができず、思い通りにお洒落を十分に楽しむことができませんでした。
そうした中、2000年以降日本国内で視力矯正手術のひとつであるレーシック手術が行われているということをインターネットで知ることになりました。
レーシック手術を受ける人の割合は最近急増しているということで、私は初めは半信半疑であり、本当に手術を受けるだけで自分の強度近視が改善されるのかと思っていました。
しかし、比較的安い金額で手術を受けることができることや、失敗するリスクがほとんどなく、後遺症が起こった件数は世界的にも少ないことを知り、お金を貯めてチャレンジする価値は十分にあると思いました。
この手術を受けている人は芸能人にも非常に多いといわれており、私の好きな芸能人もこの間手術を受けたとブログに書いていたために、ぜひ手術をしてほしいと思いました。
そこで、私は毎月節約を重ねて半年間をかけて手術費用を貯蓄することにしました。
半年たってようやく手術費用の全額をカバーできるだけの資金を得ることができたので、インターネットを利用して手術に定評のある眼科を選ぶことにしました。
私にとって手術を行ってもらう眼科というものは非常に重要なものであり、多少のお金はかかったとしても安全性だけは確保している眼科が魅力的に感じていました。
そうしたところ、インターネット上で数々の芸能人も手術に訪れているという眼科を発見し、ここならば安心できると思って早速手術の申込みのために眼科に出向くことにしました。
私は医療機関で手術を受けることは初めてだったので緊張していたのですが、手術を担当してくださる先生からはそれほど大がかりなものではないと聞かされていたために安心して手術を受けることができました。
そして、手術後には目が乾燥しやすいといわれているため、定期的に点眼を行ったところ、手術から2週間程度経過したときにはすっかり目の違和感も消え、子供のころのような風景を裸眼でみることができるようになりました。
その時、レーシック手術を受けることで人生を変えることもできると思いました。

コンテンツ

おすすめ