画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

強度近視がレーシックでなおりました

両親からの遺伝か、小学校の早い時期から近眼になり、眼鏡をかけての生活がスタートしました。
中学になり、部活をするようになって、コンタクトレンズに。
それでも中学生の私にとって正しいコンタクトの手入れはけっこう難しく大変でした。
高校になると、使い捨てコンタクトが登場し、親にお願いして、使い捨てコンタクトを使うようになりました。
装着感の良い使い捨てコンタクトにはその後大学を卒業し、社会人になるまでお世話になっていたのですが、あるとき、慢性的な結膜炎に。
眼科医からは使い捨てコンタクトが実は私の眼に合っていないのが問題だと言われ、それからハードコンタクトレンズを使うようになりました。
ハードコンタクトはご存じのようみ、ちょっとしたゴミでも痛くてたまらないというもの。
まつ毛にたっぷりマスカラをつけたい私にとってはハードコンタクトはなかなか装着しつづけるのが大変なものでした。
どんなに眼鏡のフレームがオシャレな時代になったとはいえ、強度近視の私の眼鏡のフチはとても厚く、どうしても職場にかけていく気にはなれません。
とにかくハードコンタクトに耐え続ける毎日でした。
そんなときに、レーシックの話を聞きました。
昔からチラホラ耳にはしていたものの、まだ「怖い」という印象が大きかったのですが、身近な友人がレーシックをしたということで、一気に興味を持つようになりました。
そうこうしているうちに、知っている友人のうち複数名からレーシックを受けたと聞き、私も受けることにしました。
私にとって問題だったのは手術前一週間がコンタクトの装着ができず、眼鏡の生活になることだけでした。
手術はさすがに緊張しますが、痛みなどはまったくなく、わりとすぐに終わります。
当日はやたらと涙がでて、少し不安もありましたが、翌日にはそういった違和感もだいぶなくなっていました。
その後一週間は眼の渇きなどもあり、いつも目薬をさすなどをしていましたが、見え方に問題はなく、視界はとてもクリアになっていました。
現在手術から1年以上がたっていますが、起きたときから視界がはっきりしていることや、レンズ洗浄のわずらわしさ、何よりマスカラが眼に入って困るなどといったことが一切なくなり、とても快適な毎日です。
レーシックを検討されている方がいたら、ぜひおすすめしたいと思います。

コンテンツ

おすすめ