画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックで近くが見えない状態がひどくならないように工夫されている。

私は長い間近視で、メガネやコンタクトレンズが必需品でした。
使い捨てのコンタクトレンズがずいぶん一般化してから私もそれを使うようになり、2週間のタイプものを通販で購入していました。
2週間タイプのものは。
使っている間は普通のコンタクトレンズと同じできちんと洗浄して、専用の保存液で保存することが必要です。
しかし時々、目にトラブルが出ていました。
レンズを目に装着すると痛いので、入れられないという状態でした。
そんな時はメガネを使うのですが、そのことを知った知人が、自分もレーシックをしてとても快適な生活を送っているからということで、私にもレーシックを勧めてくれました。
そのころは年齢からいっても老眼が出てくるころです。
裸眼でいるときは遠くは見えにくい代わりに近くがよく見えるのですが、メガネやコンタクトレンズで矯正をすると、遠くは見えても近くが見えないということがよくあり、メガネならつけたり外したりできても、コンタクトレンズはそれができないから不便だと感じていたこともあり、レーシックを受けることにしたのです。
病院に予約をして検査をしてもらう時に、40歳以上は手元が見えるかどうかの検査もあり、老眼は治らないという説明を受けました。
そして実際レーシックの手術を受け、遠くもはっきり見えてとても感動したのですが、近くが見えないという事実は変わっていませんでした。
視力が1.5になった分、余計に遠視になったのかもわかりませんが、術後急に老眼になったわけではないので、そのせいかどうかははっきりわかりません。
それでも以前のようにコンタクトレンズの生活をしていたら、近くを見るときには老眼をかけて二重に矯正することが必要ですが、今はよほど小さな字のときに老眼を掛けるだけの生活をしています。
私の老眼の度合いは年相応だと思います。
40歳くらい以上の人がレーシックをすると老眼がひどくなるというのを聞いたことがあるのですが、それが本当だったのかどうかは分かりませんが、最近では近視矯正のためでも1.5や2.0などの見えすぎの状態を防ぐために1.0くらいの視力に矯正するということをネットなどの情報で知りました。
それなら遠視ということではないので、近くが見えないというのも年相応の現象としてでてくるだけで済むようです。

コンテンツ

おすすめ