画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックは近視の人に最も有効です

レーシックは、眼鏡をかけることなく視力を物理的に矯正する手術です。
レーシックの手術の技術が高まり、裸眼でものが見えるようになるという日々を取り戻せるとあって、口コミが口コミを呼んでいます。
ここ10年くらい年々レーシック経験者は増えています。
確かに一時的に支払う手術費用はそこそこ高いといえますが、では一生かける眼鏡やコンタクトの購入金額の総額を計算して比較すれば、意外と安いものです。
しかも眼鏡やコンタクトのめんどうさから解放されるというのは、とてもありがたいことです。
どんないいコンタクトでも眼鏡でも裸眼で見ることに比べれば目が疲れます。
ただ目の角膜を削るという手術なので、ごくごく少ない割合ですが、失明の可能性が0%とは言えないため怖いと思う人も中にはいますがリスクのない手術はありません。
それでも、手術しようと考える人が増え続けているのは、そのほとんどの人がレーシック経験者の快適な日々を得られた事実を知っていたりするからです。
実際には0.01くらいの近視でも2.0近くの視力になるのです。
その上、レーシック専門医院は宣伝もすごいとは思いますが、受付にいくと1日の手術件数が半端なく多いことに逆に安心をもらうからです。
手術時間が短いので、手術の終わった人が次々出てくるので、それもまた安心材料になります。
おそろいのサングラスしているのですぐわかります。
こんなに簡単に終わるのかという印象をうけます。
手術のあとの通院も1-2回ですみます。
老眼の時期にさしかかるまでは、さしたる後遺症もありません。
しかも外見からは手術したかどうかなど全くわかりません。
まれに視力がまだ落ち着いていない若い方の場合、手術後にさらに近視が進んだ場合に再手術が必要になることもあります。
しかし、通常これはアフターサービスの範疇として無料で再手術をしてくれます。
ただし、角膜は2-3回までしか削れないという制約はあります。
手術は半日不自由になりますので、午後が望ましいです。
痛みどめの点眼薬はもらえても術後は痛いのです。
ですから、少しでも、睡眠時刻に近い方が本人が楽でだといえます。
一晩寝れば、翌朝は痛みもとれ、裸眼快適生活が始まります。

コンテンツ

おすすめ