画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックに必要な金額

レーシックは視力回復をするための手術です。
最初に目に目薬で麻酔をかけ、その後フラップというふたのようなものを角膜の表面で作り、角膜にレーザーを照射して再びフラップを戻して炎症が起きないように目薬をさし、終了します。
レーシックは必ず適正検査をしてからでなければ受けることができません。
私の場合は適正検査は2時間から2時間半ほどかかりました。
ただこの時間についてはそのクリニックによって多少の違いがあります。
実は私は何年も前から手術を受けたいと考えていたのですが、ずっと迷っていたのです。
手術というものを一度も受けたことがなかったですし、しかも目を触るということで不安があったからです。
しかし適正検査をした時に医師から説明を受けて視力が回復するのならと決心しました。
それまではずっとメガネをかけていたのですが、メガネは数年もすると視力とあわなくなってしまうことも多く、買い替えなければいけません。
それにコンタクトレンズもつけていたこともありましたが、そちらは毎日の手入れがとても面倒でした。
だからメガネもコンタクトレンズもつけなくていいというのは私にとってとても魅力的でした。
子供の頃のように裸眼で生活できるようになりたかったのです。
レーシックの適正検査は無料でした。
これは私が行ったクリニックだけではなく、どこのクリニックでもたいていは無料であることが多いです。
そして肝心のレーシック手術の金額はといいますと、私の場合は両目で26万円くらいでした。
私が行ったクリニックでは今までのレーシックであれば8万円ほどでできるものもあったようでしたが、とにかく視力に関わっていると考えるとより安全な方法で行ってほしいというのがありましたので、少しだけ高かったですがそちらを選びました。
同じ手術をするといっても方法が少し違うだけで価格も変わります。
そのクリニックでは4つか5つくらいの方法があったようでした。
下が8万円くらいで一番高いものでも30万円ほどです。
確かに安い金額ではないですが、一生目の悪い状態で生活していたかもしれないことを考えると手術を受けてみて後悔は全くありませんし、長い目でみればそれほど高いものではないかなと感じました。
今では視力が回復したことでメガネも必要なくなり、とても快適です。

コンテンツ

おすすめ