画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックの原理について

レーシック手術というのはご存知の通り、視力や動体視力を格段に向上させるといった手術のことです。
何度か後遺症が残ってしまう失敗があり、一時期有名になっていましたが、この手術の原理についてはあまり知られていません。
私も前にこのレーシック手術を受けましたが、その時には自分でどのような原理でこの手術を行われているか調べて、医師から詳しい説明を聞いた結果この手術はあまり心配が要らないと言うことが分かりました。
レーシックの原理ですが、眼の表面の角膜にレーザーを照射して、屈折する方向を変えることで視力を矯正すると言うものです。
これだけ聞いても恐らくどのようなことを行っているのか分かりにくいでしょうけれど、私が手術を受けた感想としては特に危なそうという印象は受けませんでした。
視力が安定するまでには1週間~1カ月ほどかかりますが、その期間がすぎれば後は殆どの人が視力1.0以上になり、メガネやコンタクトのない生活を送ることが出来ます。
私の場合メガネをかけていましたが、メガネをかけていても一応見えるし、わざわざ高い金を払ってまでやる必要はないのではないかと思っていましたが、レーシック手術を受けた友人の話を聞き手術を受けることを決めました。
友人と私の共通の感想としては心配されているほど危険ではなかったということがあげられます。
危険性が報道されることが多い手術ですが、医者の方々もそれを認識して手術に臨んでいるので最近そのようなことは急激に減りつつあります。
また、どのような原理なのかという説明も非常に分かりやすく説明していただいたので好感が持てました。
また、視力や動体視力が以前よりもかなり良くなり、イメージが変わったなどとよく言われるようになりました。
メガネやコンタクトを付けていた人がそれを外すというのはイメージも変わるし、見える世界が大きく変わってくると言えます。
私はこの手術を受けたことで人生が大きく変わったのではないかと考えています。
視力も格段によくなってメガネを付けていた生活からメガネを付けない生活へと変えることが出来ました。
一見大した違いがありませんが、少し視野が違ってきたかのように最近は感じています。

コンテンツ

おすすめ