画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

友人たちのレーシックの後遺症を聞いて思う事。

自分はとても目が悪く、レーシックが出始めた10年ほど前だろうか。
生命保険が適用されるからと、母に進められたことがある。
しかしそれを拒んだ。
何故なら術後は良くとも10年、20年先が不透明だったからだ。
今でも理由は変わっていないのだが、当時より疑問を抱いていた。
今現在になってメディアでも取り上げられている後遺症の数々である。
友人数人がレーシックを済ませているのだが、手術後数年は何もなく良好のようだった。
ところが近頃友人たちから目のトラブルをよく聞くようになった。
一番多いのはドライアイである。
普段パソコンやスマートフォンを見る機会が多い働き盛りの自分たちはただでさえドライアイと診断を受ける事があるのだが、レーシックを受けた友人たちはドライアイでも目が痛く頭痛がするなど、強い症状が出るようだった。
更に太陽の光が眩しく目を開けてられない時もあるそうだ。
自分はコンタクトレンズを使用しているのだが、やはり目は乾く。
ただドライアイとは診断はされていない。
コンタクトレンズでもドライアイは多いとされているが、多くは間違った使い方をしているのではないかと思う。
綺麗に洗浄出来ていなかったり、長時間つけたままにしていたりなど使用上の注意をしっかり守って使用すればコンタクトレンズのトラブルはだいぶ低くなるだろうと思われる。
仮に目に合わなければ眼鏡にするという選択肢もある。
だが、レーシックはコンタクトレンズから眼鏡に代えれば治るという単純なものではないのだ。
一生後遺症を背負って生きて行くしかない。
しかも一時的に視力が回復したように思えても、友人たちは口を揃えて視力が落ちてきているのを感じているようだった。
術後10年も経たない内に視力が落ちてきているのであれば一体何の為に手術をしたのだろうと思う。
医者からは「老眼が早くなるくらいのリスク」としか説明を受けなかったそうだ。
それだけで手術を受けた友人たちも非はないと言い切れないが、把握しているであろう後遺症を患者に伝えずにいる医者は極悪人だ。
流行だから、最新医療だからとメリットばかりを伝えてデメリットを明確に伝えないメディアも原因のひとつであるかもしれない。
医療が進めば助かる人も命もたくさんあるだろう。
リスクのない手術があれば本当に素晴らしい事だが、今は昔と違って情報社会である。
大きな手術を受ける前に様々な本やインターネットから最低限の情報を得て、リスクも把握した上で承諾し自らを守っていかなくてはならないのかもしれない。

コンテンツ

おすすめ