画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックで後悔しないために

消費者庁がレーシック手術のリスクを充分理解するように呼びかけ、そのことがニュースで取り上げられました。
インターネットで検索すると、レーシックを受けて後悔したという体験談も少なからず見つかります。
ですが、私はレーシックを受けて満足しています。
3年前まで、私の視力は両目ともに0.1もありませんでした。
職場で知り合った人がレーシックを受けて視力が回復したというのを聞き、初めてこの手術のことを知って興味を持ちました。
職場の人が手術を受けた病院は私の自宅から離れたところだったので、近くで受けられる病院は無いかと探してみました。
その過程で色々と調べたのですが、目の手術ということもあり、本当に信頼できる病院でなければ不安だと思いました。
そこで考えた結果、職場の人に病院を紹介してもらうことにしたのです。
電車で片道1時間弱のその病院は、レーシックの手術にかなり力を入れているところでした。
最初に受診したときに、医師から手術のことに関して、リスクも含めて丁寧な説明がありました。
リスクとは、ドライアイや乱視、緑内障といった合併症を起こす場合があること、角膜を削る手術なので、一度削ったものは戻せないこと、といった内容でした。
術式についても詳しく説明されましたが、電動メスを使ったものは比較的費用を安く抑えられるが安全性の面からその病院では行っていない、というような話をされました。
こういった話を聞いたあとに、「失敗する可能性はありますか」と質問すると、「無いとは言い切れないのが正直なところです」とはっきりと言われました。
これが私の中ではかなり大きく、手術を受けるのであればこの病院にしようと思った決め手です。
自宅に帰り、説明されたリスクのことなども考えてみましたが、実際にその病院で手術を受けて成功している人が身近にいたこともあり、自分も受けることに決めました。
手術後、視力は無事に回復し、合併症も出ていません。
ニュースで取り上げられていたのは、術後のリスクを充分に理解しないまま良い面だけを聞いて手術を受けてしまう人が増えているということや、患者を集めるために安さにこだわって質を落している病院を選んでしまう人がいるためだと思います。
良い面も悪い面も合わせて、きちんと自分で納得して決めることが大切です。

コンテンツ

おすすめ