画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックの再手術を受けた

とても視力が悪く、メガネかコンタクトレンズをつけていないと、とても物が判断できない状態でした。
しかし、メガネは物理的に煩わしく、またコンタクトレンズは手入れが面倒なことと、洗浄液と目の相性が悪いのか、白目の部分が赤くなることが多かったので、できればコンタクトレンズの使用は避けたいと思っていました。
しかし、仕事をする上で体を動かす機会が多く、メガネだと不便なため、レーシックの手術を受けることを決意しました。
あらかじめ、自分の目がレーシックの手術をしても大丈夫な状態かチェックしてもらい、特に問題のないような状態だったので、手術を受けました。
裸眼で0.01程しかなかった視力が、手術後1.0くらいまで回復して、裸眼でも全く問題ない見え方になりました。
しかし、気が付けば少しずつ視力が下がってきているような感じで、見えにくくなってきました。
手術は両目とも行ったのですが、なぜか右目だけ見えにくくなってきました。
そこで、再度眼科へ行って診察を受けたところ、右目だけが1.0から0.3まで視力が落ちていると診断されました。
時々、手術を受けた後も、少しずつ視力が下がってしまう人がいると説明を受けました。
再手術を受ければ、再び視力が戻ることが期待できるとの説明を受けて、せっかく受けたレーシック手術だったので、再手術を受けることを決意しました。
左目は特に問題のない状態で視力も低下していなかったので、右目のみ再手術を受けました。
再手術ということと、片目だけの手術になるので、費用は前回の手術よりも割安でした。
手術後は、最初の手術と同様に、最初は少し視界がもやがかかったような状態だったものの、少し経つとすぐにクリアな視界に戻りました。
最初の手術を受けた後は、約3か月で視力が下がってしまったのですが、2回目の手術を受けた後は、半年くらいたって0.7程度までしか視力が低下しておらず、かろうじて裸眼のみで生活できる状態になっています。
左目は、最初の手術から0.8程度までしか視力が低下していません。
特にトラブルもなく、比較的安定した状態です。
裸眼で過ごすことができるので、体も動かしやすくてとても快適な毎日です。

コンテンツ

おすすめ