画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックを知り事故を避ける

レーシックと聞くと以前起きた事故のことをご存知の方は多いと思います。
でも、これを読んだ人なら、レーシックは安全なものだと知ることが出来ると思います。
事故が起きたことは、行った医師が関係しています。
勿論ですが完璧な医師っていないと思います。
でも、普通に行われている治療にはこのような事例は意外と少ないものです。
何かあるともしかしてという気持ちになるのは誰でも同じです。
しかし全ての場合がそうではないのです。
レーシックは立派な治療方法です。
その治療は手術の形式になります。
細かな目の組織を治療するのですからミリ単位以下の、作業を人の手で行います。
医師は当然ですが、研修を重ねています。
勿論介助する看護師は知識があります。
医療のプロが行う技なのです。
この様なことは経験を積みながら得る技術です。
しかし医師は構造から全てを知り尽くしたプロです。
私たちが考え付く限り以上のことを、一度に多くの情報が行う医師の頭の中ではシュミレーションされています。
それは、様々なパターンに対して対応できる様に、多くの場合に備えて行動し先を読んでいます。
これは看護師も同じことです。
手術では想像もつかない事が起きることを想定した行動を先に行っています。
すると起きるかもしれないと想定されていた事態全てを排除して、行動しています。
それはもし何か起きた場合でな無く、起きる前にどの様にすれば良いのかを対策が練られています。
これは医療の専門家だからこそ出来る経験なのです。
経験を積むという事は、多くの場合に備えたシュミレーションを指します。
これは人間だから出来る技でもあるのです。
先を読んで行動することは、医療の現場では当たり前な事ですから、医師も看護師も既に身についていることです。
医師の先を読んで医療器材を手渡すのが看護師です。
医師の行動と看護師の動作は一度に多くの事を、配慮します。
多くのことを配慮出来るから安全な手術が行えるのです。
レーシックの技術は今は多くなっています。
そのため多くの場面を想定した行動を頭に入れながら行動をしています。
しかも患者さんの全身状態をみながら行われています。
脈や血圧の変動で何かを察知することが出来ます。

コンテンツ

おすすめ