画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

何の失敗もなく、レーシック手術に成功しました

今から数年前に、レーシック手術をすませています。
手術をする前は「失敗されたらどうしよう…」と本気で心配していたのですが、いざ手術をしてみると、何と手術時間は20分もかからないうちに終わってしまい、わたしはほんの少しの出費で視力を回復させることに成功してしまったのです。
もちろん、最初は怖かったのですが、いざ手術代に横たわってみると、怖いと言うよりも「あともう数時間もしないうちに、コンタクトレンズがいらなくなるんだ」という高揚感にあふれていました。
ちなみにわたしはもともとコンタクトレンズを毎日つけていたのですが、コンタクトレンズというのはやはり目を痛めてしまうものです。
毎日毎日つけていると目は乾燥してしまいまうし、メイク崩れも激しくなるので「どうにかしなければ…」とずっと思っていました。
しかし、ある時レーシック手術をおこなったことによって、わたしの生活は一変しましたし、本当に朝の準備がラクになりました。
今までは毎日10分はコンタクトレンズのために時間を割いていたけど、よく考えたら、そういった手間も10日でトータルにすると100分になりますし、年間何十時間もコンタクトレンズのための時間を割いていたということに気づいてビックリしました。
今では予後もいいようで何の問題もなく生活していますし、遠視や近視、乱視などもまったくありません。
また、以前はコンタクトレンズによって角膜をよく傷つけてしまっていたのですが、最近ではそういったこともなくなりました。
以前は眼科へ検診へ行くと「角膜に傷があるので気をつけて下さい」と言われたのですが、最近では「眼球がとても綺麗な状態ですね」と褒められるようになったのです。
わたしは最近では、目がいいのを活かして野鳥観察などを始めていますし、趣味の幅も広がったのでとても嬉しく思っています。
昨日はプールも満喫してきましたし、目が見えるというのは本当に嬉しいことだなと実感しています。
もちろん、友人にも手術を薦めていますし、「怖くないから大丈夫」と説得しています。
こんなにラクなのにやらないなんて、本当に損です。
一年分のコンタクトレンズ代を節約すればできるので、おすすめです。

コンテンツ

おすすめ