画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

国内ではレーシックで失明した事例はないそうです

レーシックの治療を2年ほど前に行いました。
手術前には間違って失明することがないか大変心配したものですが、事前の説明会などでいろいろ情報をもらって結構安心することができた次第です。
まず、この手術は日本では2000年から始まったそうで、最初は金額も高く、技術のともなったクリニックも少なかったために色々なことが起きたのは事実のようですが、それでも国内で失明に至ったトラブルはないそうです。
ただし、合併症が治らないとか、完全に視力がもどらないといったトラブルはやはりまったくないわけではないようです。
一つは技術的なトラブルからくるもので、機器を扱いなれていない医師の誤用によるトラブルがでることはあるようですが、今は年間でかなりの患者さんをさばくようになっているので技術に精通している医師が沢山いるので、機材利用の実績を開示しているクリニックなら具体的に医師を指定して施術を行ってもらうこともできるので、比較的安心です。
また、私も利用しましたが、事前の検査にかなり精密な検査機器が導入されるようになっており、この数値を見ると、どのぐらい施術で視力が改善するのかが事前にわかりますし、手術ができないタイプもはっきりと判明するそうなので、より安全になっているようです。
とくに白内障や緑内障など、レーシックとは関係なく独自に視力を落としてしまう原因をもったままの人は単純にこの手術を行ったから視力が回復するわけではなく、術後に視力が別の原因で落ちてしまうということもありうるので、十分に注意が必要となります。
よくレーシック後にトラブルが起きた話はかなり耳にしますが、実はほかのところに原因があって、この手術のせいになっていることが多いようです。
まあなかなかレーシックの場合に、セカンドオピニオンをとるということは難しいとは思いますが、複数のクリニックに顔をだして、事前に無料の検査だけでも受けてみて、その結果がクリニックごとに同じようなものなのか、かなりかけ離れているのかをチェックしてみると、自分がこの手術に適しているのか、どれだけ改善するのか、あるいはほかにリスクがあるのかが判断できるようになるのではないかと思います。

コンテンツ

おすすめ