画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術の術後の満足度

私は、子供のころから目が悪くて、小学校2年生になった時にメガネをかけることになりました。
その後は、視力はどんどん低下をしていき、最初のうちは授業中のみしかかけていなかったメガネも、日常生活を行う上で欠かせないものになっていました。
小学校の高学年から中学生になるころには、私の周りのメガネをかけていた友人でも、コンタクトレンズに変える子が多くなっていたので、私も友人たちの影響でコンタクトレンズに憧れるようになっていました。
メガネを買ってすぐのころは、メガネをかけている子の方がメガネをかけていない子よりも、なんとなく知的で賢そうに見えて、自分がメガネになったことで優越感を感じていました。
しかし、それがだんだん自分の年齢が大きくなってくるにつれて、メガネをかけているとファッションも制限されたり、どことなく野暮ったく見えて、コンプレックスに変わっていました。
そのため、中学校になるときに両親に相談をして、メガネからコンタクトレンズに私も変えることになりました。
それ以来は、見た目のコンプレックスもなくなり、遠くまでよく見えるようになったので爽快に暮らしていました。
しかし、大学生になったころに急に花粉症になってしまい、春になると目のかゆみや目ヤニが頻繁に出るようになってしまい、コンタクトレンズも汚れやすくなったため、眼科の先生から衛生的にも良くないと言われて、しばらくコンタクトレンズの装着を禁止することになりました。
そんなころに、友人からレーシックの存在を教えてもらい、実際にレーシックの手術を受けた子からは、術後は裸眼でも遠くまで鮮明によく見えるので非常に快適で、満足していると聞いたので、私も眼科の先生に一度目の状態を診てもらい、手術ができると言われたのでレーシックを受けることにしました。
術後しばらくはサングラスをして過ごすのですが、翌朝にはサングラスを取ることができて、目を開けた瞬間、すごくはっきりと遠くまで見えて、今までのぼやけていた世界とは全然違っていたので非常に感動しました。
手術をするまでは少し不安もありましたが、術後は何の問題もなく快適に過ごせているので、とても満足しています。

コンテンツ

おすすめ