画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックを行う際に必要な条件があります。

近視を矯正し視力を回復させる最新医療で行われるレーシック手術を受けるにはいくつかの条件をクリアすることが必要になっています。
事前に眼科の詳しい検査と診察を受けなければなりません。
私は今年の2月にレーシック手術を受けましたが、その際に様々な眼科検診を受けました。
角膜の厚さ、極度の近視白内障、緑内障などが考慮され、それぞれの条件をクリアし手術に至りました。
私の場合は引っ掛かる条件が一つもなかったためにスムーズに行うことができました。
また内科疾患でドライアイになっている状態でありケロイド体質の方は受けられません。
色々な検査により手術を見送らなければならない状況になる場合もあるので術前のカウンセリングや詳しい検査は必ず受けなければなりません。
その他にも重度な糖尿病、アトピー疾患、角膜疾患の方も受けられない事になっています。
近視が不安定であり、進行が進んでいる方極端に奥眼、脂肪が厚いなどの方、精神不安定の方なども見送るケースがあります。
いずれにしろ適切な検査を受けることが最も重要で、レーシックに適応する様々な条件をクリアしなければ手術を受けられないようになっています。
大事な目の手術なので万が一不具合が出てしまう事が無いように特に注意をしながら行われています。
私はクリアで鮮明な視界が実現でき、今では全く不具合もなく毎日の日々を過ごし仕事や家事に支障が無く暮らすことができています。
何の問題が無い方は直ぐに手術を行うことができます。
両目で約30分ほどの時間しかかからずとても速く簡単な手術でした。
術前の丁寧な説明などを詳しく受けていたので気持ちにも不安は何もありませんでした。
今こうやって鮮明な視界を実現できていることが最高に気持ちよく手術を早めに決断し良かったと思っています。
これからレーシックに踏み切りたいと考えている方は、適切な眼科での詳しい検査などを行いカウンセリングにも臨んで受けてほしいと思います。
今の時代の最先端を行くレーシックは日本眼科学会から出されたガイドラインを元に各クリニックでは適応基準を創り出しています。
大切な自分の目、適応検査をうけてその条件がすべてクリアしてから手術を受けましょう。

コンテンツ

おすすめ