画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック、成功率はどれくらいなのでしょうか

私はかなりの近視でメガネが重くて、一番薄いタイプのレンズにしていても、耳が痛くなります。
特に冬はメガネの上に、マスクをもするので、メガネが曇って大変です。
曇り止めってあまり効果がないですよね・・・。
私の友人二人は40歳の時に、レーシックを受けました。
一人はいつも、分厚いメガネをかけていたのに、メガネなしになり、おしゃれになってきれいになりました。
もう一人は、普段メガネなしでなんとか暮らしていましたが、カラオケに行っても、画面が見えなくなって、歌詞がわからなくなりました。
彼女も随分迷っていましたが、受けました。
二人とも快適だと言っていました。
その話を聞いたとき、私は41歳でした。
レーシックは老眼になりやすいと聞いたので、私は迷って、結局受けませんでした。
けれども、現在、48歳になり、私は老眼になってきています。
その二人は私より早く老眼になっているわけではないのです。
むしろ、私の方が手元が見えなくてメガネを外して近くを見て、遠くを見るときはメガネをかけて、と面倒です。
レーシックを受けても受けなくても老眼になる時期は変わりないように思いました。
現在は、老眼も近視も両方手術できるようになっているそうです。
私も、もう少し老眼が進んだら、受けたいです。
メガネをかけている耳が痛くて痛くて辛いし、近視用のメガネの他に、老眼用のメガネも買わなければならないし、掛け替えるのが面倒だと思うからです。
遠近両用のメガネはピントが合いづらくて気持ちが悪くなると義母が言っていて、特に私のように近視も強い人は大変だと思うと言われました。
眼鏡屋さんでも、両方作って掛け替えるのが一番いいと言われました。
でも、この掛け替えるというのが、人前で恥ずかしいと思うのです。
いかにも、年齢をあらわしていると思うので、嫌なのです。
それに、メガネを持ち歩かなければなりません。
気になるのは、レーシックの成功率ですが、夫の知人も成功しています。
友人の友達、家族も成功していて、今のところ、私のまわりでは失敗したという人はいないのです。
私も若い頃は、コンタクトレンズをしていましたが、面倒で今はコンタクトレンズはしたくありません。
メガネ以外にコンタクトレンズも買うのは大変だし、忙しいからできないのです。
こんな私には、レーシックがいいのかなと思います。

コンテンツ

おすすめ