画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックは大学病院と専門医どちらが良いか

どんな手術でもそうですが、失敗は絶対に避けたいものですよね。
特にレーシックは目の手術ですし、削った角膜は元に戻りませんから、慎重に病院を選ぶ必要があります。
病院の信頼性という点では大学病院はかなり高いのですが大学病院とレーシックの専門医のどちらの方が良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。
自分の経験からですが、私は専門医での手術をおすすめします。
私がレーシックの手術を受けたのは1年前です。
合併症などもなく、回復した視力も安定しています。
手術を受けるにあたって、かなり時間をかけて病院選びをしました。
そして、自宅から通える場所にある2つの大学病院と、3つの専門医それぞれの術式や費用を調べてみました。
ひとつ目の大学病院では、イントラレーシックで両目がおよそ50万円、ふたつ目はエキシマレーザーを使った手術でやはり両目で50万円ほどでした。
このふたつを基準として、専門医と比べてみました。
すると、専門医では同じ術式が半額以下で受けられることがわかりました。
さらに、30万円程度でさらに進んだ手術を受けることも可能でした。
費用が安いところですと術後に合併症が起る可能性が高くなると聞いていましたので、ある程度の費用は覚悟していました。
それでも、同じ術式でしたら安いところの方が良いな、という気持ちでした。
とりあえず専門医に行って話を聞いてみたところ、レーシックに使う機械や設備は非常に高額なものが多いため、大学病院ではどうしても回収のために費用が高くなる傾向にあるそうです。
逆に、専門医は年間の手術件数から設備に投資した費用の回収が早くできるため、1件あたりの費用を下げることが可能ということでした。
価格の違いはこうした部分にあるため、医師の腕などの技術的な面での差ではないと説明されました。
他にも色々と話を聞いて、私はこの専門医で手術を受けることに決めました。
費用の面もそうですが、検診や必要な場合の再手術といったアフターケアがしっかりしていることも大きな理由でした。
何か問題があった場合はすぐに対応してもらえるようになっていましたので、そういった点での安心感は大きかったです。
また、多くの実績や経験があるというのも専門医の強みだと思います。

コンテンツ

おすすめ