画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

値段がすべてとはいえないレーシック

一時的な疲労感や体調の加減で視力が低下しているのなら、また回復してくることもあります。
しかしかなりの視力の低下はよほど視力回復のためのトレーニングをするようなことがなければ、回復に向かうことはめったにありません。
とくに現代社会の生活は、目を酷使することがとても多きものになっています。
パソコンやケータイの画面を長時間見ることでもずいぶんと目を疲れさせ、視力の低下につなげてしまいます。
子供の世界においても、学校の授業のほかにも進学のために夜遅くまで勉強をすることも珍しくありません。
またゲームが普段の生活に入り込んでいて、友達と遊ぶ手段になっていたり、コミュニケーションツールになっているので、よほど注意をしないと早い段階から視力を低下させてしまいます。
いったん視力が低下すると、矯正するのが一般的です。
メガネをしたり、コンタクトレンズをつけたりすることで、見えにくくなってしまったことを補わなければなりません。
慣れてしまうとそれほど面倒に思わなくなることかもしれませんが、やはり以前のように裸眼に戻りたいという気持ちもあります。
裸眼のほうがスポーツを思いっきり楽しんだり、ファッションをする選択肢がより広がりやすくなります。
そこでレーシックを受けることで、メガネやコンタクトレンズなしの暮らしができるようにすることを目指したいものです。
ところでレーシックの治療の値段は眼科によってまちまちです。
自由診療のため診療報酬として国から費用を受け取るという仕組みの中にないためです。
身近なところではインフルエンザの予防接種がこれに当たります。
眼科ごとに値段がまちまちなのは、レーシックを希望する側を混乱させる要素の一つになっています。
眼科によってかなり値段に開きがあるので、どこで治療するかに迷いができることになります。
もちろん値段の安さは大きな魅力です。
それに加えて技術が裏打ちされていれば問題ありません。
しかし治療件数を多くするために値段を低く設定していることも少なくありません。
レーシックをしようとおもったなら、眼科で医師の説明を納得するまで聞く姿勢がとても必要になります。
後悔することのない手術になるようにしましょう。

コンテンツ

おすすめ