画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

私はレーシック手術の直後と5年後にどうなったか

私は極度の近視であった。
ちなみに両眼とも0.01であった。
コンタクト生活におさらばしたいとの思いでレーシック手術を受ける気になった。
レーシック手術は名古屋の栄にあるクリニックというところで行った。
錦糸と神奈川とか品川とかクリニック名に地名を入れるのは何か意味があるんだろうか。
さて雑談はさておき、クリニックでまず検査をし、角膜の厚さをはかり、問題なくレーシック手術を行えることになった。
角膜を削る手術なので角膜の厚さがあまり無いとできない可能性もあるようだ。
コンタクトをずっと使用していたが手術の前は眼鏡を使用しなくてはいけないと言われ仕方なく眼鏡生活に。
2週間ほどだったが、普段コンタクト生活に慣れている私としては苦痛ではあった。
もちろん目のためにはそうしなければいけないことはわかりつつも。
さて、手術当日は目に局部麻酔をするということもあり、それなりに緊張した面持ちでクリニックに向かった。
手術用の服装に着替え、手術台に乗せられ、角膜をスライスし、レーザーを照射された。
じゅわっと焦げた臭いがした。
一瞬目の前が真っ白になり、何も見えなくなった。
不安を覚えたが、手術を終えるとぼやっと徐々に見えるようになった。
手術は20分ほどであっさり終わった。
20分ほどしたらほぼ見えるようになったが、やはり疲れは感じる。
クリニックからは誰かに車で迎えに来てもらうかタクシーで帰るように勧められるが家までは遠いこともあり地下鉄で帰宅。
やはりふらふらする。
仕事は休みにしたが正解。
とても仕事を出来るような状態ではない。
手術直後の2週間ほどは朝起きると目ヤニがべったり枕についている。
そのうち治まると先生は言ったが大丈夫かと不安になる。
やがてそれも落ち着いた。
2週間後、車を運転してみた。
昼間は違和感なく運転できる。
ただ、夜は対向車のライトがまぶしすぎる。
運転するのが恐いくらいだ。
しばらく運転はやめようとと思った。
また、仕事の昼休みは仮眠をとるために机に伏せて寝ていた。
起きたら目の前がぼやっとして見えない。
これは手術の際、フラップ(膜のようなもの)がもとの戻っていなく、伏せて寝るとそれがずれるのが要因であろう。
これは手術から5年たった今でも変わらず今では伏せて寝ることはない。
また、目が疲れやすく、日中にも目ヤニが自然と出る。
ただ、視力は5年たった今でも1.0近くあるのでコンタクト生活を続けるよりは良かった。
後は今後この視力が維持できるかが気になるところだ。
レーシックの歴史は浅いだけに。

コンテンツ

おすすめ