画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックの手術直後はかなり頭痛がします

2年前にレーシックの手術を行いました。
当日はとにかく目が痛くて痛くて食事もそこそこにその日は寝てしまったのですが、翌日朝早くに起きて、とても視力が回復していることを外の景色を見て気がつきました。
いままではめがねをかけないと全く見えなかった遠くの景色が裸眼ではっきり見えたのです。
とてもうれしくなって周辺も色々と見ていたのですが、喜んだのもつかの間で、そのあとからすぐに猛烈に頭痛がするようになりました。
クリニックに電話して相談してみたのですが、脳が目の視力が回復したのになれないため混乱してそういうことが起きるということでした。
実はそれとともに左肩もえらく凝るようになってしまい、仕方なく針を打ってもらうことまでして、やっと回復した記憶があります。
目の調子が変わるだけで、これだけ体調が変わるのだということをはじめて経験した瞬間でした。
夜にはグレアというぎらつく状況にもなりましたし、ドライアイも経験して合併症のオンパレードになるのかと非常に不安に思いましたが、術後3日目ぐらいからかなり様々な状況が改善するようになり、とうとう1週間でドライアイ以外のトラブルは解消できるようになったのです。
これはさすがにうれしくなった記憶がありますが、視力の情報をだんだんと脳がきちんと受け止めることができるようになってから、頭痛は本当にすっかり治るようになりました。
酷かったのは術後2日間だけでした。
今ではドライアイも完全に完治し、何も問題が起こらない状態になっています。
やはり視力の回復手術というのは一生に一回しか行わないことですから、なかなか経験があるわけではないので非常に心配になりますし、失敗したのではないかと心配し始めるときりがない状態ですが、症状をクリニックに相談してみて、ある程度の回答が得られるととても安心すると思います。
そういう意味ではいろいろと相談のできる機能をもったクリニックを利用することがとても重要だと思います。
私の場合にも先生とやりとりをすることでかなり不安が解消することとなりました。
また事前の説明会で起こりそうな合併症のことは結構こまかく説明してもらえますので、こちらも実際に手術をすると役にたちました。

コンテンツ

おすすめ