画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックの年齢制限について

2年前にレーシックの手術を受けましたが、その前に行われた説明会に参加して、レーシックには年齢制限があることがわかりました。
一応下限は18歳からということで、若者の場合にはまだ視力が安定しておらず、早い段階で手術をしてしまってから近視が進行してしまうと術後に目が悪くなることがあるからだそうで、人によっては20代全般でも視力が安定しないケースもあるそうなので、あまり早くに受けるのは得策ではないようです。
一応クリニックも商売なので20歳以上であればほとんど無条件で施術を行うようですが、視力が低下しているのであれば、少し待ってからにしたほうがいいようです。
逆に上限はないのかという話ですが、65歳程度を上限としているクリニックが多いようです。
特に白内障を発症している場合には、手術ができないそうなので、老眼の治療であれば、もう少し若いうちに行っておくことが重要となるようです。
また、白内障の場合には、目の中に眼内レンズを入れることで視力矯正も同時に可能になるものが出てきているようなので、レンズを交換することで視力回復することも可能なようです。
私も手術をする前にかなり長い時間をかけて検査を行いましたが、コンピューターで検査をしていきますと、手術前にどこまで治療ができるのかがかなり正確にわかるようになっていますし、治療しても仕方ない患者さんも実はかなりわかるそうなので、効果がないものはその旨病院側から話があるようです。
またほかの治療法がいい場合にはそれを薦められることもあるようですので、まずは一度相談に行ってみるといいのではないかと思います。
実際に説明相談会に行きますと実にいろいろな方がこられているのが判りますし、たしかにあまり若い人がいないと思っていましたら18歳以上に制限されているとおいうことを後で知った次第でした。
視力が安定するようになるとやはり施術の精度もかなり高くなるようで、確かに私の場合も両目0.01でしかも乱視でしたが、手術によって完全にそのどちらも健常者の視力に戻すことができましたので、大変助かっています。
ですから若い人も一定の年齢以上になったところで積極的にこうした手術で視力の回復をして欲しいと思います。

コンテンツ

おすすめ