画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

白内障の治療が難しくなるかもしれないレーシック

視力の低下は仕事に影響が出るようになったり、日常生活に支障がみられるようになることもあります。
あまりにも急激な視力の低下の場合は、何らかの病気が原因になっていると考えるほうが自然でしょう。
体の弱い部分のいくつかによりはっきりと体調の変化がはっきりと表れることがあります。
そのような時は、かかりつけの医師に相談することで、視力の低下の原因を突き止めることからはじめるべきです。
ただ徐々に低下してきた視力の場合、その回復のための選択肢として、レーシックもあります。
保険適応されないためにかなり高額な費用が必要ですが、治療の結果、かなりよく見えるようになるケースも多くあります。
体にメスを入れるような大げさな手術ではなく、目の角膜の部分にレーザーを当て、その角度を調節するので、短時間で済みますし、痛みを感じることもありません。
あえて言うなら局部麻酔で治療がされるので、周囲の状況がわかってしまうことが不安なことといえます。
治療に当たっては、その前日や治療後に普段よりもできるだけ目を酷使しないことで、ダメージをなくし、回復を待つようにしたいものです。
そんなレーシックですが、視力が回復するという大きなメリットだけとは限りません。
特にレーシックをしていると、目の病気にかかった時に、治療の幅を制限することになりかねません。
白内障は目の廊下によって引き起こされるものですから、だれでも加齢とともになってきます。
そんな白内障の治療方法に制約ができてしまうことは、あまり好ましいこととは言えないでしょう。
もちろん白内障とは基本的に治療方法が異なるので、直接の影響はありません。
それでもすでに治療が加わっている目は、より慎重にならざる得ませんし、いくつかの治療法の中からより安全なほうを選ぶようにしなければならなくなります。
視力を回復させるという目的はすぐに果たせることです。
しかしその後の人生を考えると目に関する病気にかかるリスクがまだまだあるわけで、その時の対処方法を制限してしまう可能性があるとおもうと、あえて視力回復のための治療をしなくても、目姉やコンタクトレンズを使うという選択肢もあるはずです。
どのようなリスクがあるかも含めて検討をすることはとてもたいせつなことです。

コンテンツ

おすすめ