画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

飛蚊症の人のレーシックについて

私は強度近視の飛蚊症です。
視力低下は小学校4年生から始まり、席を前のほうにしてもらったり、5年生からメガネをかけ始めました。
今はおしゃれなメガネ屋さんも増えましたが、当時は、メガネ専門店でお店の人と相談しながら決めました。
もっと楽な気持ちになればよかったのですが、毎回眼科で視力が悪くなる罪悪感や、メガネをかける罪悪感から抜け出せず、暗い気持ちになっていました。
母親にも視力が悪いことの罪悪感でいっぱいでした。
視力の悪化は防ぐことができず、中学校2年生のころ、コンタクトに変えました。
それは世界が変わったようでした。
初めてのコンタクトは、ハードコンタクトレンズでしたが、割れたりなくしたりいろんなことがありました。
手入れも面倒で、よごれがなかなか取れず、洗っているうちに割れたこともあります。
コンタクトにしてから視力が落ちるのが停滞していきましたが、それでも毎日手入れをしながら、付け外しが面倒だと感じていました。
しばらくそのコンタクトが続いたのですが、そのうち花粉症が始まり、目がかゆくなり始めました。
ハードコンタクトレンズでは日中目がかゆくもたないのです。
視力がないのにコンタクトを外すと全く見えないのです。
困るようになりました。
そして次は使い捨てのソフトコンタクトレンズです。
これは快適でした。
まずハードコンタクトよりずれることがなく、手入れがないのが便利です。
しばらくそれで過ごしていましたが、そのあと、飛蚊症と肩こりが発生しました。
飛蚊症は本当にやっかいで、目の視線の後に、ずっとゴミ屑がついてきます。
ずっとついてくるのです、視界が悪くなります。
肩こりは、仕事の影響で、目を酷使しているので、治ることがありませんでした。
ずっと悩んでいたころをに流行りのレーシックを知りました。
最初は不安でしたが、口コミを調べ、インターネットを調べ、実際病院に行ったりして、先生の話も聞きました。
安いところもありましたが値段ではないです、一生のことなので慎重に探します。
いいところが見つかって決めようかと思ったとき、偶然、レーシック経験した人に会うことができました。
実際わからないことを聞けたので、それがいいきっかけになり、することにしました。

コンテンツ

おすすめ