画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックの病名を知る方法

レーシック手術を行う場合は、主治医から聞いた話しですが私は視力障害という病名だそうです。
今まで近視で悩み続けていたので、近視という言葉は医療用語では無い事が分かったのです。
教えて貰わないと、分からないことは多いと実感した出来事でした。
自分の目が障害なんだと、少し不思議な気持ちになります。
しかし、近視になるということは、目の視力が上手く働かない事だと教えてもらうと納得します。
手術後は、回復して今では健康な目になれそうです。
という気持ちになります。
じぶんの事だけに、しっかりと病名として知っておくことがこんなに大切な事なのかと思えます。
医師が手術をする訳ですから、疾患となるんです。
そるとこのような名前を聞くことになります。
目を手術すると他の人が聞くとたいそうなことの様に驚きます。
そこまで驚くことなのかと思っていますが、実際に疾患名を聞くと自分のことなのに、驚きます。
それが今でははっきり見えるということは、やっぱり回復したという気分になります。
今まで知らなかったことが多く体験すると、まさかと思う事がありますが、それを治療して回復できるのであれば行ってよかったと思います。
自分の体を大切にしたいからです。
これはみんなが思うことです。
自分の疾患名を知ることは必要なことだと思います。
これだけ多くの物が見える様になるとかなり嬉しくなります。
またこれからどんな風におしゃれをしようかなど考えています。
前向きに考えられるようになれた事も、嬉しい効果です。
また今まで経験をしたことが、こんなに多くのことを学べると思うと意外に感じます。
勇気を出して良かったと思えます。
世間はこんなに明るかったのですかと聞きたくなります。
今までぼやけてしまい、何となく感のみで眼鏡を外してしまうと見て当てていました。
でもこんなにきれいに物が見えると思わず、コンタクト外さなきゃとか考えてしまうのです。
コンタクトを入れている様な、気持ちになります。
友人からは、眼鏡はどうしたの今日はコンタクトなんだとか言われます。
レーシックの話をすると、驚いています。
そうかもと思います。
今まで見えないとか言いながら歩いていたのに、突然何もなかった様に振る舞うとみんな驚きます。

コンテンツ

おすすめ