画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックをするための民間の医療保険

視力回復のために、メガネやコンタクトレンズで矯正するのではなく、直接手術をするレーシックがかなり注目されています。
エキシマレーザーを照射することで、角膜の表面を薄く削ることで、視力の回復を図る治療技術です。
手術そのものはそれほど時間がかかるわけでもありませんし、体全体に大きな負担があるわけでもありません。
ただ眼という繊細な箇所の治療であるだけに医師の説明に対してきちんと納得の上でするようにしなければなりません。
そもそも人の体は個人差がありますし、そのうえ体調の状態や健康の変化、そして服薬などさまざまな条件が加わってきます。
単純に手術をすれば視力が回復するという安易な考え方だけではなく、自分の体の状態や、場合によっては手術によって引き起こされるかもしれないリスクについても把握するようにしておきたいものです。
レーシックは保険適応外になっているので、手術費用がかなり高額になっています。
もちろん視力が回復すれば、メガネやコンタクトレンズがなくても裸眼の状態でもはっきりよく見えるのですからその価値は十分にあります。
レーシックをする眼科によって手術費がまちまちになっているので、どうしても費用面の安いところを選びたい気持ちになります。
しかしたいせつな目に手術ですから、納得できる医師のいるところでするようにしましょう。
自由診療のために手術の費用がかなり高額になっています。
レーシックを受けたいとおもっても費用面が壁になってしまってできないこともあります。
民間の保険会社に医療保険の中には、レーシックも手術としてみなしているところもあります。
もちろん多くの保険加入者にとっては、特別な治療なので、その分保険料が値上がりする原因になっているとも言えます。
保障内容が手厚いことに満足して、選択肢を増やしてくれるとおもうか、より安い保障内容でもいいとおもうかには個人差があるはずです。
必ずしも手術をするメリットだけとは限りませんので、冷静に決断するようにしたいものです。
それなりにまとまった金額を使う価値があると感じるかどうかをじっくりと時間をかけて、信頼できる医師の話に納得できてからするようにしましょう。

コンテンツ

おすすめ