画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックで乱視が治りました

2年前にレーシックの治療を受けましたが、当時左目が酷い乱視だったので、一緒に治療できないか相談したところ特別な機器を利用すれば可能ということでiFSイントラレーシックというものを選択して手術してもらい、見事に回復することができました。
価格は機器の利用料が高いということで通常よりは多少高かったですが、それでも20万円程度ですべてを行うことができました。
もともと乱視とは、角膜が原因となっていて、正常な角膜は、縦方向も横方向も同じカーブを描いているそうなのですが、乱視になるとカーブの度合いが横方向と縦方向とでは異なってしまうそうなのです。
そのために屈折率に差がでてしまい、眼底にはっきりとした像を結ぶことができなくなるということでした。
角膜の曲がり率が一方向でもっとも強く、これに直行する方向が最も弱い、縦方向と横方向の曲率が違うものが正乱視を呼ばれるもので、私はこれに該当していました。
また不正乱視というのは、角膜の表面が凹凸になることから生じるものとなるそうで、この場合もレーシックで治すことが可能になってきているとのことでした。
ただ、この治療ができる治療機器は通常の一番安い機器とはちょっと違うということで、余分な費用がかかることだけは覚悟をしておいたほうがいいようです。
ただし、いずれも最新の機器を利用しますので、まず検査段階で細かなデータを取得して分析を行うと、どの程度視力が回復するかを事前に提示してもらえますので、非常にびっくりします。
実際手術をして安定すると、事前に提示された視力回復にきわめて近いところまで戻すことができましたので、これはかなり信用できるものだと思います。
最近では年間で80万人もこの手術を国内で受けているそうなので、かなり様々なデータも揃っているとのことでしたので、治るものと治らないものというのは相当はっきりしているといっていいようです。
レーザーの治療も最小限に抑えられていますし、なにより検査のデータをそのまま利用して、コンピュータがレーザーメスの入れ方を決めるとのことなので、狂いがでたり、事故が起きる可能性がどんどん低くなっているとのことでしたので悩みのある方はぜひ積極的に受けてみるといいと思います。

コンテンツ

おすすめ