画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

緑内障の人はレーシックの手術を受けられません

数年前にレーシックの治療を受けるときに説明会で聞きましたが、基本的に緑内障の人はレーシックの手術を受けることができないそうです。
緑内障とは、眼球内の圧力が高くなりすぎ、眼球後端から脳につながる視神経を押しつぶしてしまい、視野が欠けていくという疾患のことをいいます。
あるいは視神経が先天的に弱いために通常の眼圧でも潰れてしまうという正常眼圧緑内障とう病気も存在するそうで、40歳以上が発症者の7割を占めるそうです。
視神経が圧迫状態になったとしても視野欠損で目が見えなくなるまでには10年近い歳月がかかるそうなので、その間に治療することが大切になるのです。
レーシックの場合には、角膜を切って治療をしますから当然こうした眼圧の異常に高くなる人には適さない治療法ということで手術は基本的にできないことになるそうです。
またレーシックの手術を受けたからといって緑内障になるリスクが高まることはないそうですが、通常の人と同じようにリスクは残るそうなので、問題は緑内障になったときが大きいようです。
つまり角膜を一旦切って手術している関係上眼圧が高まっていることが通常の目の人よりも見つけにくく、結果としてこの発症を見逃すことが多くなってしまうそうなのです。
ですからそういうことにならないように注意が必要となることは言うまでもありません。
とくに高度近視だった人は、この病k時になりやすい傾向があるので、日ごろから気をつける必要がありそうです。
一般的な問題としてレーシックによって目のほかの病気が急激に加速するということはほとんどないそうです。
しかし視力が回復しても通常の健常者がかかる目の病気については同じように発症するリスクを負っていることだけは間違いないそうなので、より一層そうした点に注意が必要になることは言うまでもありません。
また検査のときにはこうした視力矯正の手術を行ったことがあると医師に説明すると、とくに念入りにチェックしてくれることになるそうなので、安心できるかもしれません。
目の手術などというのはなかなか人生では多く経験できませんので、わからないことも多いですが、どのクリニックでも親切にアフターケアをしてくれますのでそうした機会を利用して検査をしてみることが重要のようです。

コンテンツ

おすすめ