画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックを受けた感想

私は、数年前にレーシック手術を受けました。
受けた理由は、兄に勧められたからです。
私たち兄弟は目が悪くて、2人とも同じくらいの時期にコンタクトを使い始めていました。
最初に兄がレーシックを受けた後、とても快適そうで嬉しそうにしていたので、うらやましく思っていたのです。
ここでは、レーシック手術を考えている方のために、わたしの手術を受けてからの感想を紹介したいと思います。
まず手術当日の気持ちは、とにかく不安でした。
手順などは事前に説明があったのですが、実際にやってみるまではどんな感じなのか判らなかったからです。
ですから、手術中は痛みはなかったのですが、とても怖かったです。
でも、手術はあっという間に終了して、手術後ぼんやりと徐々に景色が見え出してきた時には嬉しかったです。
そして手術の翌朝、目覚めてまず最初に外を見たところ、何もかもがクッキリ見えるのでとてもテンションが上がりました。
コンタクトをしたまま寝てしまったかと思うほど、目覚めた瞬間のクリアさには本当に驚きでした。
今でも、毎朝起きる度に、見えるという喜びを実感しています。
それに、手術前の生活では、コンタクトレンズを着けるのがとにかく面倒に感じていました。
ですから、今は、コンタクトレンズもメガネもなくても生活できるのは本当にうれしいです。
毎日の生活で幸せだと感じたことは、昔から海は大好きなのですが、素潜りでゴーグルがいらないことです。
それから運動も大好きなのですが、汗でコンタクトが取れることもありませんし、激しい動きにも対応できるようになりました。
ですから、思う存分楽しむことができるようになりました。
その他にも、車の運転も快適にできるようになりました。
いきなり飛び出してくる車や追い越してくるバイク、自転車なども事前に回避できて、反応が早くなった気がします。
はっきりと見えることで、安全に運転できるのは何より嬉しいことです。
実際に手術の効果を実感してみて言いたいことは、目の悪い人にレーシックをすすめたいということです。
目が悪くて受けたいけれども、不安で一歩踏み出せないという人は多くいるものです。
そういう方たちに、レーシックの良さを伝えたいと思います。

コンテンツ

おすすめ