画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

眼瞼下垂の治療後に受けることの出来るレーシック

レーシックとは、近年受ける方が急増している治療法の一つで、一度低下してしまった視力を元に戻す事が出来るものです。
手術自体はとても安全で、時間も短時間で行う事が出来、比較的後遺症などが起こりにくい手術と言われています。
日本では最近よく聞くようになりましたが、アメリカなどではかなり前から行なわれており、レーシックの歴史は長いものと言えます。
そして、医学の進歩により、さらに高度な医療機器が開発させ続け、手術に使用するレーザーも精密なものとなり、安全性はさらに高まっているのです。
このレーシックは、ほとんどの方が受ける事が出来ます。
しかし、クリニックによって多少異なりますが、18歳未満の方や高齢の方は受ける事が出来ないところがあります。
これは未成年であれば、まだ眼の成長段階である10代の頃に視力を矯正しても、成長と共にまた変化が起こる可能性があるからです。
さらに高齢の方は、老化と共に眼自体が老化しており、状態によって手術が行えない場合があるからです。
これらの年齢に当てはまる方で、手術を希望される方は、医師としっかりと相談することが必要です。
この手術は、眼瞼下垂と呼ばれる病気の方にでも受ける事が出来ます。
実際、私がこの眼瞼下垂で悩んでいた時も、クリニックの方で医師にレーシックを受ける事が可能かどうかを聞いてみました。
すると、この眼瞼下垂を治療すれば、その後に何の問題もなく受ける事が出来るとの回答を頂きました。
私の場合、軽度の眼瞼下垂でしたが、やはり瞼が下がっているというコンプレックスや視界が狭くなってしまう事へのストレス、そして肩こりなど他の症状が出てきていたため、どうにかしたいと考えていました。
さらに視力も悪かったため、眼鏡などを必要としないレーシック治療を望んでいたのです。
そして、医師にしっかりと診察して頂き、治療を進めました。
そして、その後に視力を回復させるための手術を受けたのです。
瞼が気にならない爽快さと、視力がよくなり、周りの景色がいつもよりも明るく感じ、本当に違った世界に来たような気分でした。
このおかげで今でも毎日明るい生活を送る事が出来ています。
もし、何か眼の症状や病気などがありながらも、視力を回復させる手術を受けたいとお考えの方は、一度医師に相談してみることがお薦めです。

コンテンツ

おすすめ